ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

八ヶ岳総合博物館 企画展

現在開催中の企画展

森の時刻、山の瞬間、宙の時間 大西浩次信州星景写真展

長野県内各地で撮影された星空のある風景写真・信州星景写真。森の息吹、山の鼓動、宇宙の躍動を感じられる信州の星空をお楽しみください。

関連展示については、こちらをご覧ください。

会期

令和4年6月25日(土曜日)~8月31日(水曜日) 【10月2日(日曜日)まで期間延長】

場所

総合博物館

料金

通常入館料

作者プロフィール 大西浩次

セイケイ写真家 大西コウジさんの写真です1962年富山県出身、長野県長野市在住。博士(理学)。
長野工業高等専門学校リベラルアーツ教育院教授、日本星景写真協会理事、国際天文学連合(IAU)会員、日本天文学会員、日本天文教育普及研究会、「長野県は宇宙県」連絡協議会会長ほか。 現在、毎日小学生新聞にて「ガリレオ博士の天体観測図鑑」を連載中。
第4回田淵行男賞入賞。個展 志賀高原ロマン美術館(2014年)、白馬美術館(2018年)、白馬美術館(2019年)、府中市郷土の森博物館(2019年)ほか多数。いま、「長野県は宇宙県」を合言葉として、天文文化史の研究と普及活動を行っている。初めての天体写真は、小学校2年生で撮影した皆既月食(1972年1月30日)、「星景写真」を意識的に撮影し始めてからすでに36年を経ている。地球と宇宙と人のつながりをテーマに、地球の空気感を大切にしたNature Photoとしての「星景写真」を目指している。

【パネル作成協力】一般財団法人軽井沢セミナーハウス 

 

関連展示 小惑星リュウグウサンプルレプリカ展示

リュウグウ・サンプル・レプリカの写真

小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星サンプルの総重量は、予定の0.1gをはるかに上回る5.4g。

その中で3番目に大きいサンプル(C0002)の精密レプリカを展示します。

小さなカケラから明らかになる太陽系の歴史を想像してみましょう。

期間

令和4年6月25日(土曜日)~8月31日(水曜日) 【10月2日(日曜日)まで期間延長】

場所

写真展会場入り口付近

関連展示 「はやぶさ帰還のとき」

探査機はやぶさの帰還時の写真

大西浩次氏が撮影に成功した小惑星探査機はやぶさ帰還時の星景写真を特別展示中。

作品タイトル

 「はやぶさ」の最後の仕事

撮影日

2010年6月13日

撮影地

オーストラリア クーバーペディ

今後の企画展等 開催予定

・令和4年10月29日(土曜日)~ 第34回研究・創意工夫展

・令和4年11月1日(火曜日)~ 企画展「信州天文文化100年」

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>