ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

令和6年度の新型コロナウイルスワクチン接種について

ページID:0059426 更新日:2024年4月12日更新 印刷ページ表示

令和6年度の新型コロナワクチン接種について

  • 新型コロナワクチンの特例臨時接種は令和5年度(令和6年3月31日まで)で終了し、令和6年度(令和6年4月1日から)は定期接種となりました
  • 令和6年3月31日までに初回接種が終了していない場合、残りの接種は任意接種として実費で接種することができます
  • お手元に特例臨時接種の接種券が残っていても、令和6年からの接種には使用できませんのでご注意ください

(参考)厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A ​令和6年(2024年)3月31日までに新型コロナワクチンの初回接種を完了できない場合はどうなりますか。<外部リンク>

 

  1. 定期接種について
  2. 任意接種について
  3. 令和5年度まで(特例臨時接種期間)の接種証明書等について
  4. 厚生労働省コロナワクチンコールセンター(令和6年9月末まで)

その他 新型コロナ感染症についてのお知らせ

  1. 抗原検査キットの配布について(使用期限:令和6年7月26日)をご覧ください

 

定期接種について

対象

  • 65歳以上の方
  • 60歳~64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方(季節性インフルエンザの定期接種と同じ)

*対象者以外で接種を希望する方、対象者であっても定期接種の期間以外での接種は、任意接種として、自費で接種していただくことになります。

接種費用

原則有料となります。

自己負担額等の詳細は決まりしだいお知らせします。

(参考)厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A 令和6年(2024年)4月以降の新型コロナワクチンの接種は有料となるのですか。<外部リンク>

定期接種の期間

年1回、秋冬となる予定です。

使用するワクチン

主流であるウイルス株の状況やワクチンの有効性について国で検討し、毎年見直されます。

その他

厚生労働省のホームページをご覧ください。

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

 

お電話でのお問い合わせ

茅野市健康づくり推進課 電話 0266-82-0105

受付時間:平日8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日を除く)

 

任意接種について

対象

  • 定期接種の対象とならない方
  • 定期接種対象者が、決められた期間内以外で接種する場合

接種費用

全額自己負担

接種する医療機関にお問い合わせください

使用するワクチン

国の指定はありません

接種をする医療機関にお問い合わせください

問い合わせ先

接種を実施している各医療機関

 

令和5年度まで(特例臨時接種期間)の接種証明書等について

令和5年度まで(特例臨時接種期間)の接種証明書等について

新型コロナウイルスワクチン接種済証について

新型コロナワクチンを接種した際にお持ちいただいた2枚の書類のうち、ワクチンのロットシールや接種日を記載してお返しした書類(白)です。

12歳以上の方の初回接種のみ下記の赤枠部分が接種済証となります

初回接種済証

 

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について
  • 令和6年(2024年)3月31日までに取得した接種証明書、専用アプリで保存した画像は引き続き証明書として使用できます
  • 入国の際に接種証明書(ワクチンパスポート)の提示を必要としている国は少数となっていますので、海外旅行の場合は、必ず旅行会社にご確認ください
  • 入国の際の接種証明書(ワクチンパスポート)提示についての最新情報は、外務省海外安全ホームページや各国領事館のホームページでご確認ください
  • 基本的に海外用の発行となります
書面(紙)での発行について

令和5年度(令和6年3月31日)までの特例臨時接種期間の接種について、引き続き書面(紙)での発行ができます

*接種証明書は、新型コロナワクチンを接種した時に住所のあった市町村でしか発行ができません。特例臨時接種期間内に転居をしたことのある方は、請求先にご注意ください

 例)新型コロナワクチンを接種した時は茅野市に住所があったが、令和6年4月に進学等で県外に転出した。:請求先は茅野市

 

申請方法

窓口 必要書類をお持ちいただき、健康づくり推進課(健康管理センター)の窓口で申請してください

郵送 交付申請書と必要書類の写し、返信封筒(切手を貼ったもの)を同封し、下記まで送ってください

 

必要書類

  • 交付申請書 予防接種証明書交付申請書 [PDFファイル/62KB](こちらからダウンロードできます )
  • 接種券(接種済証)または接種記録書の写し
  • 本人確認書類の写し(氏名と返送先住所が記載されたもの(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等))

※旅券に旧姓・別姓・別名等の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名等が確認できる書類(例 旧姓併記のマイナンバーカード、運転免許証等)の写しも添付してください。

  • 旅券(パスポート)の写し 
  • 代理の方が請求する場合は、委任状及び代理の方の本人確認書類の写し

委任状 [PDFファイル/57KB](こちらからダウンロードできます) 


提出先

〒391-0002 茅野市塚原二丁目5番45号

茅野市健康管理センター内 茅野市健康づくり推進課 宛

申請書類の受付後、おおむね1週間程度で発送する予定です。接種記録の確認が取れない場合や申請が混みあっている場合は、1週間以上かかる場合もありますので、余裕をもってお申し込みください。

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口(令和6年9月末まで)

電話番号 0120-700-624

受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日も実施していますが、対応言語により違いがあります)

対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語

海外からおかけいただく場合 (+81)22-745-4077

 

抗原検査キットの配布について

令和6年7月26日が使用期限となります。使用期限またはキットが無くなるまで配布します。

配布対象者

次の要件をすべて満たす方
  • 茅野市にお住いの方(住民票の有無は問わない。)
  • 咳、発熱、のどの違和感など、軽症で受診を迷われている方
  • 抗原定性検査キットの使用方法を理解し、自身で検査(自己検査)ができる方

※咳、発熱、のどの違和感などの症状が長く続いている方は、かかりつけ医等身近な医療機関へのご相談をご検討ください。

配布するキットの種類、配布個数

  • 新型コロナウイルス感染症体外診断用医薬品(検査キット)「ラピッドテスト」
  • 1人につき1回分(ご家族分を希望する場合は、希望する家族の人数×1回分)

抗原定性検査キットの配布方法

申込先・申込方法

茅野市健康管理センター:電話 0266-82-0105 平日 8時30分から17時15分まで (土、日、祝日を除く)

*お電話でお申し込みください

配布方法
  • 平日 8時30分から17時15分まで (土、日、祝日を除く)の配布時間内に、健康管理センターにお越しください。
  • 「抗原定性検査キット申込書」に必要事項を記入してお持ちください。申込書と引き換えにキットをお渡しします。

抗原定性検査キット申込書 [Excelファイル/17KB]

  • 咳、発熱、のどの違和感などの症状のない方がお越しください。症状のない方がいない場合は、お電話でお申し込みの際にお伝えください。
持ち物
  • 抗原定性検査キット申込書
  • 本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)
抗原定性検査キットの使用方法
  • 抗原定性検査キットは、使用するまでアルミ袋を開封せず、直射日光を避け、1~30℃で保管してください。また、幼児の手の届かない場所に保管してください。
  • 使用にあたっては、必ず、抗原定性検査キットと一緒にお渡しするチラシ「抗原簡易キットの使用方法」に記載されている使用方法を確認し、正しい方法で検体採取、検査を実施してください。
  • 使用済みの抗原定性検査キットは、ビニール袋に入れ、しっかり閉じた上で、「燃えるゴミ」として処分してください。

PDF:抗原定性検査キットの使用方法 [PDFファイル/1.29MB]

 

​​

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)