ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 産学公連携(研究開発・事業) > 「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 企業・経営・中小企業支援 > 「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 起業・創業支援 > 「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 雇用・労働支援 > 「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」

「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」

茅野市は、株式会社キッツ(千葉県千葉市、代表取締役社長:河野誠)からの企業版ふるさと納税を活用し、株式会社キッツと学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学(東京都港区、学長:田中里沙)と連携し、「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」を下記のとおり実施します。

第2次茅野市地域創生総合戦略に掲げる「若者に選ばれまち」の実現を目指すプロジェクト研究を開催し、地域課題や社会課題の解決に関する新規事業を構想し価値創造を担う人材を育成します。

若者に選ばれるまちプロジェクト研究

「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」について

研究会の様子

 【第1クール】事業構想の基礎

 【第2クール】事業構想案構築

 【第3クール】フィールド・リサーチ、事業構想案再構築

「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」について

概要

事業構想大学院大学のカリキュラムのエッセンスを活かし、テーマに基づき、研究参加者の新たな事業構想と構想計画構築を行う7ヶ月間の研究会です。
担当教授が本研究期間を通じてコーディネートとファシリテーションを行いながら、研究員の知見を高めながら進めます。
定例の研究会では、多彩なゲスト講師を招き、研究員の視野を広め、視点を磨きながら、研究員各自の新事業創出を支援します。

対象

  • 自社の経営資源や自身の技術を活用して、暮らしやすい未来都市・茅野の構築の実現に繋がる新事業の創出を目指す企業等。
  • 新分野展開や、新たな収益の仕組み作りを検討している企業等。

参加していただく方のイメージ

  • 人脈や技術など、自社の経営資源を再定義し新事業を創出したい方。
  • 今後、社内の中核となっていく幹部候補の方。
  • 茅野市をよりよくしたいという熱い想いを持っている方 など。

プロジェクト期間

令和4年9月から令和5年3月 全20回 各回半日程度

会場

KITZ Group イノベーションセンター、ワークラボ八ヶ岳<外部リンク>、オンライン

講義はハイフレックス方式を取り入れており、対面とオンラインを活用して行います。研究会の他に随時個別面談も行います。

講師

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学<外部リンク> 下平 拓哉 教授<外部リンク>

研究会の様子

【第1クール】

開講式及び第1回研究会(令和4年9月16日)

令和4年9月16日、「若者に選ばれるまちプロジェクト研究」がスタートしました。

25名の応募の中から選考された10人の研究員が下平拓哉同大教授から「任命書」を受けました。研究員10名は製造業等の社員、若手経営者、大学生、茅野市役所の職員等で構成されます。
(参加者には事業構想大学院大学 事業構想研究所のプロジェクト研究員の立場が付与されます)

第1回の研究会では、市の課題についてや、構想の実現性を高める手法の基本的な考え方などを学びました。

開講式及び第1回研究会の様子
集合写真
市長あいさつ 下平教授挨拶
任命式 任命書授与
講義の様子1 講義の様子2

第2回研究会(令和4年9月30日)

第2回は、各研究員の自己紹介と事業構想アイデアの発表を行いました。

また、株式会社キッツ様の新規事業の取組みをご紹介いただき、工場を見学させていただきました。

第2回研究会の様子

講義の様子

(講義の様子)

講義の様子2

 

研究員プレゼン1

(研究員プレゼンの様子)

研究員自己紹介

 

キッツの紹介

(株式会社キッツ様の取組みの紹介)

浄水システム2

(地下水浄水システムの見学)

バルブ工場の様子1

(バルブ製造工場の見学)

バルブ工場の様子2

 

イチゴ圃場の様子1

(水処理システムを活用したイチゴ圃場の見学)

イチゴ圃場の様子2

 

スマート養殖1

(水処理システムを活用したスマート養殖施設の見学)

スマート養殖2

 

第3回研究会(令和4年10月14日)

第3回は、事業構想大学院大学の院生のお2人にお越しいただき、自身の事業構想のプレゼンや研究員へアドバイスなどをしていただきました。

また、今回の研究会では、「茅野の〇〇がエモい」を題材にしたグループディスカッションを行いました。様々な意見が飛び交い、賑やかな講義になりました。

第3回研究会の様子

事業構想大学院生1

(事業構想大学院の院生の話)

事業構想大学院性2

 

グループディスカッションの様子1

(グループディスカッションの様子)

グループディスカッションの様子2

 

第4回研究会(令和4年10月28日)

第4回は、諏訪出身の事業構想大学院大学の修了生にお越しいただき、事業構想についてのプレゼンや研究員へアドバイスなどをしていただきました。
質問も活発に出て、研究員に刺激になるお話をいただきました。
今後も多彩なゲストをプロジェクト研究にお招きして、研究員の事業構想への支援や人的ネットワークの構築を支援していきます。

続いて、下平先生からマーケティング戦略についての講義を行いました。

第4回研究会の様子

修了生1

(事業構想大学院大学の修了生の話)

修了生2

 

講義1

(講義の様子)

講義2

 

第5回研究会(令和4年11月11日)

第5回は、アイデアプレゼンテーションとして、研究員がそれぞれの事業構想のアイデアを発表しました。
アイデア発表の会場は、いつものイノベーションスタジオではなく、最終発表を行う会場で行いました。
今回も、事業構想大学院大学の修了生2名にお越しいただき、研究員のプレゼンに対してアドバイスなどをいただきました。

プロジェクト研究の第1クール「事業構想の基礎」は、今回で終了となります。

第5回研究会の様子

修了生1

(事業構想大学院大学の修了生の紹介)

修了生2

(事業構想大学院大学の修了生からの講評)

研究員発表1

(研究員プレゼンの様子)

研究員発表2

 

【第2クール】

第6・7回研究会(令和4年11月25日・26日) 集中プログラム

今回から第2クール「事業構想案構築」に入りました。
年末年始に予定している事業構想案の中間発表に向けて、事業構想案を詰めていきます。

第6・7回は、集中プログラムとして2日連続で開催しました。

第6回(11月25日)は、KITZ Group イノベーションセンターで開催しました。
研究員がそれぞれの事業構想のアイデアを「リーンキャンバス」という1枚の図に整理するフレームワークを活用し発表しました。

今回も、事業構想大学院大学 事業構想研究所の樋口教授と修了生・院生5名にお越しいただき、研究員のプレゼンに対しアドバイスなどをいただきました。また、研究員同士でもお互いにフィードバックし合いました。
その後、夜遅くまで修了生にお付き合いいただき、ディスカッション(壁打ちと言います)を行いました。

第6回研究会の様子

先生講義

(下平先生の講義)

修了生紹介

(修了生の紹介)

研究員発表

(研究員発表)

研究員発表

(研究員発表)

樋口教授講評

(事業構想大学院大学 事業構想研究所の樋口教授からの講評)

院生講評

(事業構想大学院大学院生からの講評)

第7回(11月26日)は、ワークラボ八ヶ岳<外部リンク>に会場を移し、6グループに分かれて先生・修了生とリーンキャンバスについてディスカッションを行い、自己の事業構想アイデアを見つめ直しました。

第7回研究会の様子

ブリーフィング

(壁打ち前全体ブリーフィング フリーラウンジにて)

壁打ち1

(グループに分かれての壁打ちの様子 ミーティングルームにて)

壁打ち2

(グループに分かれての壁打ちの様子)

壁打ち4

(グループに分かれての壁打ちの様子)

壁打ち

(グループに分かれての壁打ちの様子)

壁打ち4

(グループに分かれての壁打ちの様子)

第8回研究会(令和4年12月9日)

第8回は、事業構想大学院大学の松本秀之客員教授<外部リンク>にお越しいただき、「テクノロジーと事業構想」というテーマで講義していただきました。
また、今回も事業構想大学院大学の院生3名にお越しいただき、グループワークのディスカッションに参加していただきました。

第8回研究会の様子

先生講義

(下平先生の講義)

院生の紹介

(院生の紹介)

院生の紹介

(院生の紹介)

院生のプレゼン

(院生のプレゼンの様子)

教授講義

(松本客員教授の講義)

グループワーク

(グループワークの様子)

第9・10回研究会(令和4年12月23日・令和5年1月6日)中間発表

中間発表を第9回(12月23日)と第10回(1月6日)の2回に分けて行いました。
市理事者や(株)キッツ社長ら研究員の所属上長にお越しいただき、研究員がそれぞれの事業構想案をプレゼンし、フィードバックをいただきました。
また、事業構想大学院大学の修了生・院生にお越しいただき、フィードバックをいただきました。

各研究員の事業構想案のテーマは、ゼロカーボン推進、関係人口・交流人口創出、中心市街地活性化、地域コミュニティづくりなどといった内容で、「若者に選ばれるまち」の実現に繋がる事業構想になることを期待しています。

第9回研究会の様子

オープニング

(オープニング)

紹介

(院生の紹介)

プレゼン

(研究員のプレゼンの様子)

フィードバック1

(フィードバックの様子)

フィードバック2

(フィードバックの様子)

クロージング

(クロージング)

第10回研究会の様子

オープニング

(オープニング)

院生の紹介

(院生の紹介)

発表の様子

(研究員のプレゼンの様子)

フィードバックの様子

(フィードバックの様子)

フィードバックの様子

(フィードバックの様子)

クロージング

(クロージング)

【第3クール】

第11回研究会(令和5年1月20日)

今回から第3クール「フィールド・リサーチ、事業構想案再構築」に入りました。
現場に出てヒアリングにより事業の実現性等を調査するフィールド・リサーチを実施します。また、事業構想計画に必要な専門的な知識・事例等を学び、多様な視点からディスカッションを行い、3月の最終発表に向けて事業構想案のブラッシュアップを図ります。

第11回は、事業構想大学院大学 事業構想研究所の河村昌美<外部リンク>教授にお越しいただき、「地域イノベーション」というテーマで講義を行っていただきました。イノベーション創出ワークショップなどを行い、アイデアの作り方やフィールド・リサーチに関して学びました。

第11回研究会の様子

下平先生の講義

(下平先生の講義)

河村教授紹介

(河村先生の紹介)

河村先生の講義

(河村先生の講義)

ワークショップの様子

(ワークショップの様子)

第12回研究会(令和5年1月27日)

第12回は、先日行った事業構想案の中間発表でいただいたフィードバックのコメントを自己の事業構想案にどのように反映するか発表し、ディスカッションを行いました。

第12回研究会の様子
研究会の様子1 研究会の様子2
研究会の様子3 研究会の様子4

本プログラムに関するお問い合わせ先

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 事業構想研究所
「若者に選ばれるまちプロジェクト研究(茅野市)」担当
Tel:03-6278-9031
E-mail:pjlab@mpd.ac.jp

ダウンロード

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>