ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢者・保険課 > 特定疾病療養受療証について

特定疾病療養受療証について

特定疾病とは

  1. 人工透析を実施している慢性腎不全
  2. 血友病
  3. 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

長期にわたり高額な医療費がかかる上記1から3の特定疾病の場合、申請により交付される「特定疾病療養受療証」を提示することにより、特定疾病に係る療養の自己負担限度額が、同一月の同一医療機関の入院・外来それぞれ月10,000円となります。
ただし、70歳未満で上記1に該当する方のうち、上位所得世帯に属する方は月20,000円となります(所得の確認ができない未申告の方を含みます)。

手続きに必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 印鑑
  • 特定疾病に関する医師の意見書(申請書に記載欄があります)
  • 届出(申請)者、世帯主、手続き対象者全員分の個人番号カードまたは通知カード
  • 通知カードの場合は、届出(申請)者の本人確認書類(運転免許証等)

※特定疾病療養受療証は、申請月の初日から適用になります。申請月以前の分については、さかのぼって適用されませんので、ご注意ください。
※申請書には医師の意見書欄がありますので、疾病に係る診療を受けていることを担当医師に証明してもらってください。
 ただし、医師の証明でなくても、別の証明書の添付でも申請可能です(茅野市国民健康保険加入前の保険組合等が発行した「特定疾病療養受給者証」等)。

手続きする場所

市役所高齢者・保険課(1階8番窓口)

※届出ができるのは、本人、世帯主、住民票上同世帯の方です。住民票上別世帯の方が届出をされる場合は、本人または世帯主の記入した委任状が必要になります。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>