ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢者・保険課 > 高額療養費資金貸付制度

高額療養費資金貸付制度

病院からの請求金額のうち、高額療養費に該当する金額の8割を茅野市から貸し付け、直接病院へ支払う制度です。
貸し付けされた金額の返済は、本人に茅野市から後日支払われる高額療養費が充てられますので、新たな負担にはなりません。

本人の負担は、高額療養費の自己負担限度額と高額療養費に該当する金額の2割分になります。
※保険適用外は高額療養費に該当しませんので、この制度の対象になりません。

以下の方はこちらの制度が利用できます。

  • 限度額適用認定証の交付が受けられない
  • 既に病院から入院費の請求をされている
  • 入院中に転院があり、それぞれの医療機関で「限度額適用認定証」を提示したが、それぞれの医療機関から限度額適用後の入院費を請求された場合(1ヶ月の医療費が通常よりも多く請求された場合)

お申し込みの際は、事前にお問い合わせください
また、この制度を利用するには、病院側に了承を得る必要があります

貸付を受けられる額

高額療養費の支給見込額の8割以内(千円未満は切り捨て)。
市民税非課税世帯の場合、高額療養費の支給見込額の10割。
利息はありません。

※貸付金の医療機関への支払いは、本人負担分の支払いが完了した後になります。

貸付金の支給(お支払い)

貸付金は茅野市から医療機関へ直接支払います。

貸付金の返済

高額療養費が支給されたとき、貸付金と相殺します。
貸付額と高額療養費支給額に差額がある場合、差額分は本人に支給します。
したがって、別に高額療養費の支給申請を行うことが必要です

※高額療養費の支給は、医療を受けた月の2カ月後以降となります。

貸付可能期間

貸付期間は、高額療養費が支給されるまでの間になります。
高額療養費支給申請可能期間は、診療年月の翌月1日から2年間になりますので、それまでに以下の「申請から支給の流れ」の1から8までが完了しなければなりません。

申請から支給の流れ

  1. 医療機関に高額療養費資金貸付制度を利用したいことを申し出ます。
  2. 医療機関から請求書をもらいます。
  3. 請求書を持って、茅野市へ高額療養費資金貸付を申し込みます(同時に、高額療養費支給申請書を提出します)。
  4. 茅野市で本人負担金額及び貸付金額を計算し、申込書類を受け取ります。
  5. 医療機関で一部支払依頼金額を支払い、領収書と必要事項を記入した借用書を茅野市へ提出します。
  6. 茅野市から高額療養費資金貸付適用決定通知書が郵送されます。
  7. 茅野市から医療機関に貸付金額を支払います。
  8. 医療機関から領収書が茅野市に送られ、高額療養費の支給を決定します。
  9. 支給される高額療養費を貸付金に充てて精算します。

※対象は医療機関ごとになりますので、例えば2つの医療機関で利用される場合は、申請書は2枚必要になります。
※また、同じ医療機関でも、入院と外来の両方で利用される場合も申請書は2枚必要になります。
※申請書は申請した月までのみのお渡しとなります。翌月以降のものはお渡しできませんので、翌月になりましたら再度申請をお願いします。

手続きする場所

市役所高齢者・保険課(1階8番窓口)

※届出ができるのは、本人、世帯主、住民票上同世帯の方です。住民票上別世帯の方が届出をされる場合は、本人または世帯主の記入した委任状が必要になります。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>