ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険に加入するとき

次に該当するようなときには、14日以内に国民健康保険の加入手続きをしてください。

  1. 国民健康保険加入者が茅野市へ転入してきたとき
  2. お勤め先の健康保険等をやめたとき
  3. 国民健康保険加入世帯で子どもが生まれたとき
  4. 生活保護を受けなくなったとき

※14日を過ぎてしまった場合でも国民健康保険に加入できますが、加入の届出が遅れても、国民健康保険税は上記の1~4に該当した月の分まで遡って納付いただくことになります。届出をしたときからの課税ではありませんのでご注意ください。届出が遅れると1回あたりに納める金額が大きくなりますので、届出はお早めにお願いします。
また、届出が遅れた場合、国民健康保険税は「加入資格が発生した日」まで遡って賦課されますが、その間の給付はできません。14日を過ぎてから加入届出をされた場合、保険証が有効なのは届出のあった日からのため、「加入資格が発生した日」から届出日までの間にかかった医療費は届出が遅れたことにつきやむを得ない理由があると認める場合を除き、全額自己負担となり、後からも原則返還されません。
保険給付を受けることができないなど、思わぬ経済的な負担を被ることになりますので、十分ご注意ください。

 ※住民票上同世帯内に国民健康保険組合に加入されている方がいる場合は、国民健康保険組合に加入してください。

手続きに必要なもの

  • 健康保険等の資格喪失証明書または退職証明書(離職票)
    扶養の方がいる場合は、それがわかるもの
  • 生活保護廃止通知(該当者のみ)
  • 印鑑
  • 同じ世帯内で、すでに国保に加入している人がいる場合には、その被保険者証をお持ちください。
  • 届出(申請)者、世帯主、手続き対象者全員分の個人番号カードまたは通知カード
  • 通知カードの場合は、届出(申請)者の本人確認書類(運転免許証等)

国民健康保険におけるマイナンバー(個人番号)を利用した情報連携の開始について

※国民健康保険は直前まで加入されていた健康保険をやめた日(資格喪失日)から加入となるため、「前の健康保険の資格喪失日を確認できる証明書」が必要になります。また、扶養の方がいる場合は、それがわかるものも必要になります。
健康保険資格喪失証明書は、勤務先やこれまで加入していた健康保険組合などで発行されます。
健康保険資格喪失証明書は、このページの下の「ダウンロード」から取得できます。これとは異なる様式の証明書でも結構です。

※必要書類がそろっていても事前の手続きはできません。必ず加入事由が発生した日以降に届出をしてください。

※国民健康保険税を口座引き落としにできます。口座引き落としを希望される方は通帳と銀行に届け出てある印鑑をお持ちください。

国保世帯で子供が生まれた場合は、茅野市から一時金が支給されます。

詳しくは、別掲載の「出産育児一時金」の項目をご覧ください。

手続きする場所

市役所高齢者・保険課(1階8番窓口)

※届出ができるのは、本人、世帯主、住民票上同世帯の方です。住民票上別世帯の方が届出をされる場合は、本人または世帯主の記入した委任状が必要になります。

関連情報

国民健康保険におけるマイナンバー(個人番号)を利用した情報連携の開始について

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>