ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢者・保険課 > 国保の療養費について

国保の療養費について

以下のような場合はいったん全額自己負担となりますが、申請していただき、審査で決定すれば、自己負担分を除いた額が払い戻されます。

申請に必要なもの

申請の際に、共通して必要なもの

○国民健康保険療養費支給申請書(下記ダウンロードより取得できます)

○届出をされる(窓口に来られる)方の本人確認書類

・ 顔写真のついたものの場合は、1点ご用意ください(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
・ 顔写真のないものの場合は、2点ご用意ください(診察券、通帳、キャッシュカード、年金手帳、納税通知書など)

○本人及び世帯主のマイナンバーのわかるもの

・ マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーの記載のある住民票など

○本人の保険証

追加で必要になるもの

下記の療養費支給の例に記載のあるもの

療養費支給の例

1.被保険者証を持たずに治療等を受けたとき

事故や急病など、やむをえない理由で保険証を持たずに医療機関等にかかった場合。

追加で必要になるもの

  • 診療報酬明細書(レセプト) ※医療機関等が発行
  • 領収書

2.補装具をつくったとき

医師が必要と認めたコルセットなどの補装具を作った場合。

追加で必要になるもの

  • 医師の診断書
  • 領収書

3.手術などで輸血に用いた生血代

医師が必要と認めた輸血に生血を使った場合。

追加で必要になるもの

  • 生血を必要とした担当医の理由書または診断書
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 領収書

4.海外で病気やけがの治療等を受けたとき

海外の医療機関等の窓口では国保が使えませんが、日本国内において保険診療と認められている治療等の場合、申請により医療費の一部が支給される場合があります。

追加で必要になるもの

  • 診療内容明細書(Form A)
  • 領収明細書(Form B) : 医科・調剤用 または 歯科用
  • 調査に関わる同意書
  • 領収書(現地の医療機関が発行)
  • パスポート(渡航の事実や渡航期間)

※「診療内容明細書」と「領収明細書」は、日本語の翻訳文が必要となりますのでご用意ください。

5.はり・灸・マッサージ等の施術を受けたとき

医師の同意を得て、はり・灸・マッサージを受けた場合。

※ 施術所に療養費の受領委任ができる場合があります(各施術所に直接お尋ねください)。

追加で必要になるもの

  • 医師の同意書
  • 明細がわかる領収書

6.国民健康保険を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき

外傷性が明らかな負傷について、柔道整復師の施術を受けた場合。

※ 国保を扱っている施術所の場合、施術所に療養費の受領委任ができる場合があります(各施術所に直接お尋ねください)。

追加で必要になるもの

  • 脱臼または骨折の場合は、医師の同意書
  • 明細がわかる領収書

申請(手続き)ができる人について

申請(手続き)ができるのは、本人、世帯主、住民票上同世帯の方です。住民票上別世帯の方が申請(手続き)をされる場合は、申請(手続き)ができる方の記入した委任状をご用意ください。
委任状は、下記ダウンロードより取得できます。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>