ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 地籍調査事業を実施しています

地籍調査事業を実施しています

 皆さんの貴重な財産である「土地」の位置、面積等を正確に把握し、土地に関するトラブルを未然に防止するとともに、効率的な土地利用を図るため、平成23年度から国土調査法に基づく地籍調査事業を実施しています。

地籍調査とは?

 地籍調査は、国土調査法に基づき、市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量するものです。

 「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」のことです。

 地籍調査が行われると、その成果は法務局に送られ、法務局において、これまでの登記簿、地図が更新されることになります。更新された登記簿、地図は、その後の土地取引の円滑化や行政の効率化に役立つことが期待されます。

地籍調査はなぜ必要なのですか?

 現在、法務局に備え付けられている地図は、その大半は、明治初期の地租改正時に作られた地図(公図)などを基準にしたもので、土地の境界が不明確であったり、測量も不正確であったりすることがあります。

 そこで、土地に関するあらゆる行為の基礎になる土地の戸籍をはっきりさせるため、この調査を実施する必要があります。

太閤検地の画像

地籍調査は、こんなことに役立ちます。

 この調査を行うとこんなことに役立ちます。

土地取引が円滑に行えます。イメージ画像

  1. 境界の位置が不明になっても、正確に復元することができますので土地に関するトラブルを未然に防止することができます。
  2. 土地の形状や面積がはっきりします。
  3. 災害復旧が迅速に行われます。
  4. 固定資産の課税が適正に行われます。
  5. 土地取り引きが円滑に行えます。

調査費用は?

 地籍調査にかかる費用は、国(50%)、県(25%)、市(25%)で負担しますので、土地所有者に負担を求めることはありません。

 ただし、境界の現地立ち会いに出ていただくことになりますが、その時間とそれにかかる交通費等の経費を支給する制度はありませんので、ご了承ください。

令和元年度(2019年)調査実施箇所

 令和元年度は、小堂見区の一部を調査します。

令和元年度調査予定区域図

 以後、計画に沿って順次調査を進めていきます。 

茅野市の調査状況

 地籍調査状況マップ<外部リンク>をご覧ください。

地籍調査について詳しく知りたい方は、国土交通省の地籍調査Webをご覧ください。

国土交通省へのリンクバナー画像国土交通省 地籍調査Web<外部リンク>

 

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>