ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 管理課 > 茅野市公共施設等総合管理計画

茅野市公共施設等総合管理計画

 茅野市では、持続可能なまちづくりを目指すために、長期的な視点に立った公共施設等の最適配置に向けた更新や管理等を行うため、公共施設等総合管理計画を策定しました。

策定の趣旨等(第1章)のポイント

 今後、人口減少等により公共施設等の利用需要の変化や財政状況の厳しさが予想されます。将来的に望ましい公共施設等の配置を実現するために、公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行っていくことが必要になります。

現状や課題(第2章~第3章)のポイント

  • 人口減少、人口構造の変化による住民ニーズの変化
  • 公共施設等の老朽化
  • 厳しい財政状況

公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な方針(第4章)のポイント

 本市の現状及び課題等のまとめを踏まえて、今後20年間の公共施設等における総合的かつ計画的な管理に関する基本方針を定めます。(計画全体を評価した上で、10年後に見直しを実施するとともに、必要に応じて適宜見直しを行います。)具体的な推進方法については、概要版または本編第5章をご覧ください。

(1) 安全・安心の確保

 公共施設の点検、管理における、現状や課題を整理した上で、早期発見、早期対応を主眼とした更なる安全と安心を確保するための日常点検の取組の基本方針を定め、全庁的に取り組みます。
 特に道路や上下水道といったインフラ施設については、面的に対象範囲が広範となるため、状況の把握については、行政だけでなく利用者や関係機関等を含め、効率的・効果的な情報収集体制の構築を図ります。

(2) 長寿命化の推進

 中長期的な維持管理、修繕、更新等に係るトータルコストを抑制するため、公共施設等の長寿命化を図るとともに、計画的・効率的な改修により、公共施設等の質を確保します。
 公共施設については、躯体の保全を重視し、特に屋根や外壁などを計画的に改修し、施設を長期的に使用するための「予防保全」の考え方を取り入れます。
 インフラ施設については、施設の特性に応じて、長期間での費用対効果を踏まえた工法の検討や対象施設の重点化などを含め、計画的かつ効率的な施設の長寿命化を進めます。

(3) 施設総量の縮減

 公共施設については、将来人口や財政規模などに応じた施設総量の縮減が必要になるため、施設の新規整備は原則行わないことや、既存施設を更新(建替)する場合には複合施設とすること、また、統廃合することを検討し、施設総量の縮減を図ります。
 なお、縮減にあたっては、物質的な量(ハード)だけではなく、その公共施設等における行政サービス等(ソフト)のあり方も含めて検討します。

詳細につきましては、下記ダウンロードファイル(本編または概要版)にてご覧ください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>