ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

グリーンヒルズヴィレッジ 建築協定

建築協定

美しい街は、みんなが守り育てるもの。

建築協定イメージ図

建ぺい率は40%以下、容積率は80%以下とします。
グリーンヒルズヴィレッジを訪れると、とても広々とした開放的な景観に、心がのびやか
になります。それは、建ぺい率40%以下、容積率80%以下を基準とした建築協定が
あるからです。これらを将来にわたり守ることによって、オープンスペースを豊かに確保
した、バランスの良い街並みが形成されます。

道路境界から2.5メートルは芝生を張ります。この範囲に門柱、ポスト、樹木等の設置はできません。
その理由は、道路と敷地の間に、セミパブリックゾーンを設けるためです。この芝生の
空間と歩道1.5メートルを併せた幅4メートルのゆとりこそ、それぞれの家のエントランス
に開放感を持たせ、街としての統一感を生みだしているのです。それが、グリーンヒルズ
ヴィレッジのゆとりなのです。もちろん、建物も道路境界から2.5メートル以上後退して建て、
門柱も高さを1.6メートル以下にします。これらにより壁の設置をすることもなく一層の
開放感があります。

隣地境界は樹木や草木などで分けるようにします。
自然とのふれあいを大切にするグリーンヒルズヴィレッジでは、隣地との境界もフェンス類
などの人工物を使わず、生垣や樹木などで分けるようにしています。ただし、土留めが必要
な場合は高さ50センチメートル以下の自然石を一段積みにしています。また、原則として
庭は芝生を張りめぐらし、草花、樹木などで緑豊かな景観を創り出しています。

外壁や屋根は環境と調和する色合いにします。
建物の色彩も、街の景観を彩る大切な要素ですので、外壁や屋根などに刺激的な色を使う
ことは避け、自然で環境に調和する色合いにします。

建物は一戸建て個人専用住宅です。
建物は、住宅地として快適な環境を保ち続けるために、一戸建て個人専用住宅としています。
もちろん、二世帯同居住宅も可能で、店舗併用住宅可能な指定区画もあります。

 

ダウンロード

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>