ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市尖石縄文考古館 > 縄文学習支援について

縄文学習支援について

尖石縄文考古館では、茅野市内の学校が取り組む縄文学習支援をしています。

茅野市が取り組む縄文科で縄文時代、縄文文化を学ぶにあたり、土器や勾玉づくりをはじめ、さまざまな体験型の学習を提供しています。
現在、茅野市外の学校には職員派遣ができません。ご了承ください。

以下のようなメニューは例年人気があります。

  • 粘土を使った土器作り、土笛・土鈴作り
    土器作り
  • 勾玉作り
    勾玉づくりの穴あけ作業
  • 縄文検定
  • 考古館解説

詳しくは下記ダウンロードの「令和2年度縄文学習支援のメニュー」をご覧ください。

縄文学習支援の申込みについて

申込みは、「令和2年年度縄文学習支援のメニュー」をご覧いただき、実施可能な時期と内容を参考にして、「令和2年度縄文学習支援職員派遣申請書」を当館まで提出してください。

申込締切日:令和2年(2020年)7月3日(金曜日)

以下の点にもご注意ください。

  • 申請書は、学校長名で提出してください(担当教諭名では受け付けません)。
  • 実施前に、当館学芸員との打ち合わせをお願いしています。打ち合わせの希望日を必ず記入してください。
  • 実施を希望するメニューによっては、スクールバスの予約が必要になります。スクールバスの予約は、各学校でお願いします。
  • 材料費実費がかかります。

ダウンロード

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>