ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市尖石縄文考古館 > 縄文を楽しむ教室

縄文を楽しむ教室

縄文を楽しむ教室

「縄文を楽しむ教室」は、短い時間でも、縄文時代のものづくりの技術を体験したり、土器に触れることのできる講座です。2019年度は以下の4つの講座を予定しています。

過去に開催した「縄文を楽しむ教室」では、違ったメニューで開催したこともあります。その内容も一部紹介します。

「縄文あんぎんでブレスレットを作ろう」 ※終了しました

縄文時代の衣服を作る技術だった「あんぎん」の技術を使って、ブレスレットを作ります。「越後あんぎん」のような「コモ」(縦糸用のおもり)を使う方法ではなく、縦糸を固定して、その縦糸に横糸を編んでいく方法で行います。

平成29年度の作例(あんぎんブレスレット) 平成29年度(2017年度)の作例です。

  1. 開催日:2019年8月4日(日曜日)午前10時~正午
  2. 定員:5名(要申し込み)
  3. 申込受付期間:7月2日(火曜日)~7月28日(日曜日)
  4. 受講料:1000円

「縄文風のペンダントを作ろう」 ※終了しました

縄文時代のアクセサリーのひとつが、ヒスイ製のペンダントです。その形については、一般的に勾玉がイメージされることが多いのですが、実際には勾玉の形よりも角の丸い台形や長方形のような形が多いです。この講座では、穴の開いた材料の形を整えて、そんなペンダントを作る講座です。

縄文を楽しむ第2回ペンダント 平成30年度(2018年度)の作例です。

  1. 開催日:2019年9月14日(土曜日)午後1時~午後3時
  2. 定員:10名(要申し込み)
  3. 申込受付期間:8月13日(火曜日)~9月8日(日曜日)
  4. 受講料:1000円

「土器文様の拓本のしおりを作ろう」 ※終了しました

遺跡から出土した土器片の拓本を取り、ラミネートしてしおりにします。
拓本を取る土器は、棚畑遺跡、中ッ原遺跡出土の土器片を予定しています。

  1. 開催日:2019年9月22日(日曜日)午前10時~午前11時30分
  2. 定員:10名(要申し込み、先着順)
  3. 申込受付期間:8月20日(火曜日)~9月16日(月曜日)
  4. 受講料:1000円

「縄文消しゴムスタンプを作ろう」 ※12月1日(日曜日)に延期になりました

スタンプ用の消しゴムに、土偶や土器のイラストや文様を彫ってスタンプを作る講座です。自分だけのオリジナル縄文スタンプができます!

11月17日(日曜日)に開催を予定しておりました、縄文を楽しむ4「縄文消しゴムスタンプを作ろう」は、延期となっておりました、縄文文化賞の授賞式が開催予定のため、12月1日(日曜日)に延期とさせていただきます。申し訳ございませんが、ご了承ください。

縄文を楽しむ第4回スタンプ 平成30年度(2018年度)の作例です。

  1. 開催日:2019年12月1日(日曜日)午前10時~午前11時30分 
  2. 定員:10名(要申し込み)
  3. 申込開始日:10月16日(水曜日)~11月10日(日曜日)
  4. 受講料:1000円

過去に開催した「縄文を楽しむ教室」の紹介

受講された方が制作した縄文風行燈とドッキー縄文風行燈とドッキー(過年度の作例)

行燈は、茅野市長峯遺跡出土の「もうひとつの神像筒形」をモデルにしています。
行燈の足元にある土器のカケラのように見えるものがドッキーです(食べられます)。

関連情報

地図情報

茅野市尖石縄文考古館

391-0213
長野県茅野市豊平4734-132
電話 0266-76-2270

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>