ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市尖石縄文考古館 > 常設展示室B 国宝

常設展示室B 国宝

訪れたらじっくりご覧ください 国宝「土偶」

常設展示室B2体の国宝土偶

重厚な展示室内に、2体をじっくりご覧いただけるように展示しています。

国宝「土偶」(縄文のビーナス)の展示風景

縄文のビーナスを斜め背後から見る

当館の展示ケースには、全周囲から展示物を観覧できるものがあります。こんな角度からも土偶を見られます。
また、出土状況の写真や土偶のCTスキャン画像もご覧いただけます。

国宝「土偶」(仮面の女神)の展示風景

仮面の女神を斜め背後から見てみる
どこから見ても、手ぬかりなく仕上げられたことがわかります。

附(つけたり)国宝の土器国宝 附(つけたり) 土器の部分拡大

実は、土偶1体に土器8点が「附(つけたり)」として国宝指定を受けており、9点で1つの国宝になっています。とても丁寧に精巧に作られた土器で、装飾のところをよく見ると、仮面の女神のような表現がされているものもあります。そんなところも含めて、すべてじっくりご覧いただきたいと思います。

ダウンロード

尖石縄文考古館リーフレット[PDFファイル/3.1MB]

関連情報

地図情報

茅野市尖石縄文考古館

391-0213 長野県茅野市豊平4734-132
電話 0266-76-2270

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>