ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

縄文ゼミナール

2019年度縄文ゼミナール

2019年度の縄文ゼミナールは、6月15日(土曜日)スタートします!

縄文時代と聞いて、思い浮かべるものは土偶だったり土器だったり黒曜石の矢じりだったり、年代のことや食べ物のことなど、人それぞれいろいろとあると思います。そして、さまざまな書籍や図録には、そうした縄文時代像がときにやさしく、ときに詳しく書かれています。
頭に思い浮かぶ縄文時代像や書籍に記される縄文時代像は、当たり前のことですが、遺跡の発掘調査や研究成果に基づくものです。今年度の縄文ゼミナールは、そうした縄文時代研究において重要な遺跡として、国指定の史跡、特別史跡について語っていただきます。また、昨年に調査が行われ、際立った造形の土器がいくつも出土した茅野市の辻屋遺跡の調査についても紹介します。

皆さまのご聴講お待ちしています。先着80名、申込不要、受講無料(資料代100円)です。

重要なお知らせ

縄文ゼミナールについてメールでのお問い合わせにつきまして、gmail(@マークの次がgmail.comとなっているメール)の場合、こちらからの返信が迷惑メールに振り分けられることが多数発生しています。お問い合わせいただいた方にはご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

「辻屋(つじや)遺跡の発掘調査」

日時:令和元年(2019年)6月15日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:鵜飼幸雄(茅野市教育委員会)

「国史跡 栃原(とちはら)岩陰遺跡から見た一万年前の人々の暮らし」

日時:令和元年(2019年)7月13日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:藤森英二さん(北相木村教育委員会)

「翡翠と石斧のふるさと 長者ヶ原遺跡」

日時:令和元年(2019年)8月31日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:木島勉さん(糸魚川市教育委員会)

「史跡 梅之木(うめのき)遺跡 竪穴住居の復元から分った縄文のくらし」

日時:令和元年(2019年)9月7日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:佐野隆さん(北杜市役所教育部学術課長)

「大湯環状列石のあゆみ」

日時:令和元年(2019年)10月20日(日曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:赤坂朋美さん(鹿角市教育委員会)

関連情報

地図情報

茅野市尖石縄文考古館

391-0213 長野県茅野市豊平4734-132
電話 0266-76-2270

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダーへ登録<外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>