ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市尖石縄文考古館 > ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

当館の出版物や書籍、また当館の所蔵品をデザインに使った絵葉書、国宝「土偶」のレプリカ品などのグッズを扱っています。グッズの通信販売も承ります。

ミュージアムショップ1ミュージアムショップ2

国宝「土偶」のレプリカをはじめ、さまざまなグッズ、ボールペンやクリアファイル等のステーショナリーグッズ、書籍等を扱っています。

縄文かるた関連商品、販売しています!

縄文かるた関連商品

縄文関連商品1トートバッグ トートバッグ 700円

縄文関連商品2手ぬぐい 手ぬぐい 500円

縄文関連商品3ハンカチ ハンカチ 300円

縄文関連商品4クリアファイル クリアファイル 200円

価格は税込みです。

グッズの通信販売について

ミュージアムショップでは、取り扱っているグッズの通信販売もしています。通信販売は、以下の費用がかかります。

  1. 商品本体価格
  2. 代金引換手数料 265円
  3. 払込手数料 203円
  4. 送料(グッズはゆうパック、当館の出版物や取扱のある書籍はゆうメール)です。

詳しくはミュージアムショップへお問い合わせください。

ミュージアムショップ直通電話:0266-76-2041

営業時間

午前9時~午後4時30分

喫茶コーナー休業期間中の販売について(冬期:12月下旬から3月上旬)
※現在はミュージアムショップにて販売しています。

冬のミュージアムショップ1冬のミュージアムショップ2

喫茶コーナー休業期間中は規模を縮小し、受付脇での販売となりますので、お求めの商品がない場合もございます。ご了承ください。(現在はミュージアムショップにて販売しています。)
なお、令和2年(2020年)3月10日(火曜日)より、ミュージアムショップでの販売を再開し、受付での販売は終了いたしましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、喫茶コーナーは一時休業をしております。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。喫茶コーナーの一時休業につきましては、下記ページをご覧ください。
喫茶コーナ

電話番号

0266-76-2041(喫茶コーナー・ミュージアムショップ直通)

取り扱っている書籍

当館の出版物のほか、以下の書籍も扱っています。
なお、令和元年(2019年)10月1日付の消費税増税に伴い、価格が変更となっています。ご了承ください。

  • 「縄文の思考」(小林達雄、ちくま新書、858円)
  • 「語りかける縄文人」(戸沢充則、新泉社[しんせんしゃ]、1980円)
  • 「考古学のこころ」(戸沢充則、新泉社[しんせんしゃ]、1870円)
  • 「考古地域史論」(戸沢充則、新泉社[しんせんしゃ]、2750円)
  • 「歴史遺産を未来へ残す」(戸沢充則、新泉社[しんせんしゃ]、2750円)
  • 「道具と人類史」(戸沢充則、新泉社[しんせんしゃ]、1760円)
  • 「原始集落を掘る 尖石遺跡」(勅使河原彰、新泉社[しんせんしゃ]、1650円)
  • 「縄文時代ガイドブック」(勅使河原彰、新泉社[しんせんしゃ]、1650円)
  • 「縄文時代史」(勅使河原彰、新泉社[しんせんしゃ]、3080円)
  • 「知られざる縄文ライフ」(譽田亜紀子著、武藤康弘監修、誠文堂新光社[せいぶんどうしんこうしゃ]、1650円)
  • 「土偶のリアル」(譽田亜紀子著、武藤康弘監修、山川出版社、1650円)
  • 「土偶界へようこそ」(譽田亜紀子、山川出版社、1760円)
  • 「はじめての土偶」(譽田亜紀子著、武藤康弘監修、世界文化社、1980円)
  • 「土偶手帖」(譽田亜紀子著、武藤康弘監修、世界文化社、1540円)
  • 「縄文 謎の扉を開く」(縄文文化輝く会編、富山房[ふざんぼう]インターナショナル、2200円)
  • 「縄文土偶ガイドブック」(三上徹也、新泉社[しんせんしゃ]、2420円)
  • 「国宝土偶「縄文ビーナス」の誕生」(鵜飼幸雄、新泉社[しんせんしゃ]、1650円)
  • 「国宝土偶「仮面の女神」の復元」(守矢昌文、新泉社[しんせんしゃ]、1760円)
  • 「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二、信濃毎日新聞社[しなのまいにちしんぶんしゃ]、2200円)

関連情報

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>