ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

こどもの医療費助成

福祉医療費給付金制度について

茅野市では、お子さんの医療費の負担軽減により、福祉の増進を図るため、福祉医療費給付金の支給を行っております。

受給資格要件について

茅野市内に住所がある、出生から~高校3年生(18歳到達後の3月31日まで)までのお子さんが対象です。

※上記には、母子・父子家庭等のお子さん、障害をおもちのお子さんを含みます。

※高校卒業後の母子・父子家庭等のお子さん、障害をおもちのお子さんについては、福祉医療費給付金制度をご覧ください。

※住所地特例の障害者施設などへ転出の場合、資格が継続することがあります。詳しくはお問い合わせください。

母子・父子家庭等の母または父について

福祉医療費給付金制度をご覧ください。

各種申請・届出

福祉医療費受給者証の新規申請

出生・転入

市民課窓口で手続きをされた後、保険課(1階8番)窓口で手続きをしていただきます。

※茅野市役所以外に出生届を提出された場合は、直接、保険課(1階8番)窓口までお越しください。

手続きに必要なもの

  • お子さんの健康保険証(出生時については、お子さんを扶養にとる方の健康保険証)
  • 印鑑(認印可)
  • 給付金の振込先のわかるもの(通帳・カード等)

受給者証の再発行

受給者証を紛失・破損・汚損等された場合は再交付が可能です。保険課(1階8番)窓口までお越しください。

手続きに必要なもの

  • 受給者証(紛失の場合は不要)
  • 本人確認書類

電子申請が利用できます

受給者証の再交付の申請について、電子申請が利用できます。下記のリンクまたはQRコードから申請フォームにアクセスしてご申請ください。

申請フォーム:https://logoform.jp/f/XehzO<外部リンク>

再交付申請QRコード

受給者証は受給者本人の住民登録の住所へ1週間程度で郵送します。送付先変更届を提出されている場合は、変更後の住所へ郵送します。
お急ぎの場合は、保険課窓口で即時発行しますので、窓口までお越しください。

変更届

以下の表のとおり、変更事項が生じた場合は、変更の届出をお願いします。
変更事項 お持ちいただくもの
住所・氏名 受給者証
加入健康保険 新しい健康保険証、受給者証
金融機関・口座番号など 預金通帳、受給者証、印鑑(認印可)

電子申請が利用できます

加入健康保険と振込先口座の変更について、電子申請が利用できます。下記のリンクまたはQRコードから申請フォームにアクセスしてご申請ください。

申請フォーム:https://logoform.jp/f/wDJkS<外部リンク>

変更届けQRコード

振込先が申請者(受給者本人または保護者・法定代理人)と異なる場合は、委任状に押印が必要になりますので、保険課窓口までお越しください。
送付先の変更についても、保険窓口までお越しください。

福祉医療費給付金の支給について

対象となる医療費

保険診療の対象となるもののうち、医科・歯科・調剤・訪問看護療養費・入院時食事代など

※特別初診料、入院時個室代、健診料、薬の容器代、文書料、予防接種、差額ベッド代、健康保険の給付を受けられないもの、福祉医療費以外の給付(災害共済給付制度等)が受けられるもの、第三者行為等は対象外となります。

A:長野県内の医療機関にかかる場合

病院や薬局等の窓口で、健康保険証等と一緒に受給者証を提示していただくことにより、窓口での保険診療にかかるお支払いが、1医療機関につき月額500円が上限となります(現物給付)。

ただし、鍼灸院の施術費については、施術所等の窓口で受給者証を提示の上、一度、保険診療にかかる通常の自己負担金(3割または2割)をお支払いいただきます。その後、基本的には診療月の2ヶ月後の月末日に、500円を超えてお支払いいただいた金額を登録口座へ給付します。

給付金支給の流れ(現物給付)

福祉医療費支給の流れ

B:以下の場合

以下の場合は給付金の支給申請が必要です。 保険課(1階8番)窓口へお越しください。

申請が必要な場合の例
医療機関の窓口で受給者証を提示できなかった
長野県外の医療機関等へかかった
災害共済給付金(スポーツ保険)の申請をしたが、対象とならなかった

500円を超えてお支払いいただいた金額を登録口座へ給付します。
なお、給付の時期については支給申請の受付日によって変わるため、詳しくはお問い合わせください。
​また、医療機関への支払いが遅れたり、医療機関からの受信データが遅れた場合等、支給が遅れる場合がありますので、予めご了承ください。

手続きに必要なもの

  • 受給者証
  • 領収書等(受診者氏名、受診年月日、保険点数及び保険内支払額が明記され、医療機関等の領収印のあるもの)
  • 高額療養費等支給決定通知書(該当の場合のみ)

※領収書を紛失された場合は、医療機関等で再発行をしていただくか、医療機関等にて「証明」の処理をしていただいた、福祉医療費給付金支給申請書(下記からダウンロードできます)をご用意ください。
​※受診者名、保険点数等の記載のない領収書等では申請できません。
※保険適用となる補装具の申請は、領収書、加入している健康保険からの給付が分かる書類及び医師の指示書が必要です。

自己負担金500円(上限)のお支払いについて

  • 同一の医療機関であっても、同月に入院と外来がある場合、また医科と歯科がある場合は、それぞれ500円のお支払いが必要です。
  • 薬局の場合は、処方箋元の医療機関ごとに500円のお支払いが必要です。

高額療養費等について

1月あたりの医療費が高額となり、加入されている健康保険から、高額療養費や付加給付等の医療費助成金が支給される場合(請求できる場合を含む)、それらの金額を差し引いて給付します。既に給付済みの医療費に対して遡って高額療養費等の支給が分かった場合、給付金の返納や給付額を相殺して支給する場合があります。
また、外来年間合算高額療養費や高額介護合算療養費などの給付を受けた場合、給付金の返納や給付額を相殺して支給する場合があります。

国や県の公費負担を受けられる方について

国や県の公費負担の受給者証をお持ちの方は、医療機関等にかかる場合は、必ず福祉医療費受給者証と一緒に窓口での提示をお願いします。

災害共済給付金(スポーツ保険)の対象となる場合

保育園や学校でけがをした場合、まずは災害共済給付金(スポーツ保険)の対象となるか確認をする必要があります。医療機関等にかかる際は、保育園や学校でけがをしたことを伝えていただくとともに、受給者証は使用しないようにお願いします。

第三者行為(交通事故等)の場合

交通事故など、第三者(相手方)の行為によってけがや病気になった場合、医療機関等で福祉医療費受給者証は使えません。相手方から治療費を受け取ったりしている場合も福祉医療費受給者証は使えません。
​自己負担額(3割など)について相手方からの支払いがないことが明らかになれば、給付金の支給申請ができます。

その他注意点

  • 給付金の支給申請ができる期間は診療月の翌月1日から2年以内です。
  • 振込に関する通知はしておりません。
  • 他の市町村への転出などにより、茅野市の福祉医療費給付金制度の資格が喪失になったにもかかわらず、本市の受給者証を使用した場合は、後日返金を求める場合があります。
  • 確定申告では、福祉医療費給付金を除いた自己負担分が医療費控除の対象になります。

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>