ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭

この映画祭では、小津監督が一貫して描き続けた「家族」をテーマに「小津」の精神を念頭に置きながら、珠玉の映画上映、ゲストによる舞台トークを繰り広げます。

第24回(2021年)映画祭について

第24回蓼科高原映画祭について、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑み、次のとおり開催いたします。

第20回短編映画コンクール表彰式

第20回を迎える短編映画コンクールの表彰式を開催します。

今年は127作品のエントリーがあり、一次審査、二次審査を通過した入選10作品の中から入賞作品が決定します。

表彰式の様子は、オンライン配信によりご覧いただく形式とします。

配信日時 11月20日(土曜日)午後1時~

配信方法 映画祭公式ホームページより配信専用ページを開設しますのでご覧ください。

入選10作品は現在、映画祭公式ホームページから視聴することができます。

ぜひご覧いただき、入賞作品を予想してみてはいかがでしょうか。

短編映画コンクール上映会

表彰式の翌日には、短編映画コンクール上映会を開催します。

今年のグランプリ作品を始めとした入選作品や一般審査員受賞作品を上映します。

また、新型コロナウイルス感染症の影響で上映が叶わなかった昨年の入選作品も上映いたします。

新進気鋭の映像制作者の作品をぜひ劇場でご覧ください。

日時 11月21日(日曜日)午前10時~午後5時

   (詳しい上映スケジュールは映画祭ホームページをご覧ください。)

会場 新星劇場

鑑賞料 無料

上映本数(予定) 2021年入選作品10作+一般審査賞1作、2020年入選作品10作

感染対策

入場時にはマスク着用の徹底、検温、手指消毒を実施します。

座席数は通常の50%以下とします。(80席程度、先着順)

上映の合間には30分程度の換気を実施します。

来場者には氏名、連絡先を記入する用紙をお渡しし提出いただきます。

中止のイベント

第24回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 プレイベント「ドライブインシアター」(2021年8月27日(金曜日)28日(土曜日))

第24回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 ホール(茅野市民館、新星劇場)上映(2021年9月18日(土曜日)~26日(日曜日))

以下、通常時の映画祭についてご紹介します。

蓼科高原映画祭の成り立ち

映画史上、小津、黒沢、溝口の三大巨匠と賞され、世界の映画人からますます高い評価を得ている映画監督「小津安二郎」。日本人の一般的な庶民生活の中で、夫婦・親と子・家族などに生ずる心のズレを淡々と描きながら、いつの間にか時代を超え国を超えて普遍性を持った映画として人々に感動や愉しさを提しつづけた稀有な監督です。
昭和29年夏、『東京物語』をつくり終えた小津監督は、コンビを組むシナリオライターの野田高梧氏の蓼科の山荘「雲呼荘」を初めて訪れました。八ヶ岳の山麓に拡がる高原の自然と霊気にふれて、小津監督はたちまち気に入ってしまい「水がうまい。洒がうまい。空気がうまい。」と、以後昭和38年に没するまで野田高梧氏と、この蓼科高原にあぐらをかいて数々の名作を送り出したのです。
お二人は心からこの地を愛し高原の生活を愉しみました。そして、何よりも仕事に打ち込みました。
蓼科高原は小津映画のこころのふるさとであり、ここ蓼科から晩年の多くの名作が生まれたのです。
このようなお二人のゆかりの地、蓼科高原・茅野市で平成10年「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」がスタートしました。映画祭ロゴマーク

蓼科高原映画祭の事業

珠玉の映画上映、ゲストトーク

この映画祭では毎年、小津監督が一貫して描き続けた「家族」をテーマに珠玉の映画上映を行っています。

映画祭を通じて多くの方々に「小津映画・小津のこころ」に触れていただくとともに、小津映画はもちろん、小津に続く旬の内外の作品の上映、多彩なゲストによる舞台トークを繰り広げます。

「映画」を通して文化・人的交流が図られ、やがては映画・映像文化の発展につながることを期待しています。

映画祭会場の写真

短編映画コンクール

当映画祭から21世紀の映画が生まれることを願い、平成14年に始まった短編映画コンクール。

毎年100作を超える作品が寄せられ、映画制作者の作品発表や登竜門の場として毎年開催しています。

短編映画コンクールの様子

シネマカフェ

市民ボランティアが地元食材を使い、おもてなし料理を振る舞います。

茅野市特産の角寒天を使った寒天寄せや、豚汁、味噌田楽、コーヒーまでご用意しており、当映画祭の名物の一つとなっています。

交流パーティー

映画上映後には当日ゲストと交流できる立食パーティーも開催します。

ゲストでお越しの俳優や監督から貴重な撮影秘話が聞けるかもしれません。

映画祭の詳細は小津安二郎記念・蓼科高原映画祭ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

問い合わせ

「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」実行委員会事務局
茅野市 観光課内
電話 0266-72-2101(内線423)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>