ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市魅力情報発信サイト > 小津安二郎記念・蓼科高原映画祭

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭

この映画祭では、小津監督が一貫して描き続けた「家族」をテーマに「小津」の精神を念頭に置きながら、珠玉の映画上映、ゲストによる舞台トークを繰り広げます。映画祭ロゴマーク

第23回(2020年)映画祭は、開催形式を大きく変更し、例年のような劇場で映画を上映する形ではなく、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、映画を楽しんでもらえる企画を行います。

オンライン事業

短編映画コンクール

第19回短編映画コンクールは4月から作品募集を開始し、136作品の応募がありました。

完全オンラインで一次審査、二次審査を進め、入選作品に決定した10作品から最終的に各賞を選出します。

例年茅野市民館で行っている表彰式や新星劇場で行っているグランプリ上映会はいずれもYoutubeliveを利用し、オンライン配信を予定しています。

<作品募集期間>4月1日~6月10日

<審査員長>伊藤俊也監督

<審査員>工藤雅典監督、椿原久平監督、冨永憲治監督、鈴木元監督

<各賞>

    グランプリ(賞状+トロフィー+賞金30万円)

    準グランプリ(賞状+トロフィー+賞金10万円)

    入賞(2作品程度、賞状+トロフィー)

    一般審査員賞(賞状+トロフィー+副賞)

映画祭への応援メッセージ動画の配信

Youtubeに映画祭専用チャンネルを開設し、これまで映画祭にお越しになったゲストの皆さまからいただいた映画祭への応援メッセージや映画祭の思い出話を盛り込んだ動画を配信します。専用チャンネルには映画祭ホームページよりアクセスできます。

ドライブインシアター

ドライブインシアターとは、駐車場を会場として、車に乗ったまま、大スクリーンに投影する映像と、カーステレオのFMラジオからの音声で、映画をご覧いただく上映スタイルです。密を避けて映画鑑賞ができる形として注目集まっています。

イベントが次々と中止となり、映画を視聴する機会がない中で、この映画祭で地域や人々に活気を与える企画としてドライブインシアターを実現したいと考えています。

日時 9月25日(金曜日)26日(土曜日)午後7時~ 各日1回上映

会場 道の駅「ビーナスライン蓼科湖」駐車場

鑑賞料金:1台1回あたり2,000円

※要申込

 

詳細は小津安二郎記念・蓼科高原映画祭ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

問い合わせ

「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」実行委員会事務局
茅野市 観光まちづくり推進課内
電話 0266-72-2101(内線423)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>