ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市魅力情報発信サイト > 茅野市の沿革とあゆみ

茅野市の沿革とあゆみ

茅野市のあゆみ

茅野市の沿革と、明治、大正時代から今までの主な出来事を記載しています。

茅野市の沿革

当地は遠く数千年のむかし、尖石など縄文文化の栄えた時代にはじまり、古代はこの地に大和朝廷による東山道の開通、東北蝦夷征討の信濃軍団基地や、朝廷の御用馬を供給する勅旨牧として山鹿の牧がおかれていました。

さらに古代から中世には諏訪大社上社前宮に諏訪大祝が館(神殿)を構え、諏訪一円の祭政の中心となり、鎌倉街道も通ずるなど諏訪地方の政治・経済・交通・文化の中心地になっていました。

降って、戦国時代となり、一時諏訪氏の領有をはなれ武田氏が上原城(ちの)を拠点として諏訪地方一円を統治しましたが、慶長6年(1601年)ふたたび諏訪氏の手に帰り、甲州街道が開かれ、金沢は宿場町となり、江戸時代260余年間には多くの新田村がうまれました。

明治4年(1871年)7月廃藩置県により、当地は高島県に属し、同年11月高島県が統合され筑摩県の管下になり、明治7年には永明・宮川・金沢・玉川が、同8年には湖東・豊平・泉野・北山・米沢の各村が組織され、明治22年町村制の施行により自治行政の基礎が確立されました。その後、明治38年11月、中央線、富士見・岡谷間の開通をみるにいたり、これらの交通の発達とともに八ヶ岳山麓の開発もめざましく、この地方の産業文化も発展の一途をたどりました。

昭和23年永明村は町制を施行し、ちの町と改称、また昭和30年2月1日町村合併促進法に基づき1町8か村が合併して茅野町を設置、昭和33年8月1日市制施行により、現在の茅野市が誕生し、現在に至っています。

茅野市のあゆみ(明治、大正、昭和、平成)

明治時代からの茅野市のあゆみを紹介します。
ダウンロードファイルの年代をクリックしてください。エクセル形式の表にジャンプします。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>