ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

縄文遺跡を巡るバスツアー

「縄文遺跡を巡るバスツアー」 ※令和4年(2022年)度中止

国特別史跡尖石遺跡、国史跡上之段遺跡・駒形遺跡、国宝「土偶」の出土した棚畑遺跡・中ッ原遺跡などの茅野市を代表する縄文遺跡を学芸員がご案内します。

過去のバスツアー(平成30年度(2018年度))の様子

コロナウイルス感染症のため、ここ数年中止となっているバスツアーですが、過去に開催した時の様子をご紹介します。

解説を聞きながら、実際に遺跡の中を歩いていると、普段見慣れたはずの景色が縄文時代のムラの様子と重なります。

遺跡で説明を受ける参加者(1)尖石を前に解説を受ける参加者(2)

身振り手振りを加えながら、話す学芸員に皆さん釘付けです。(1)尖石遺跡の名前の由来となった「とがりいしさま」。肩の窪みは縄文時代の人が石器を研いだ跡、とも言われています。縄文人と同じ石を見ているなんて不思議な気持ちになります。(2)
中ッ原遺跡の様子(3)尖石遺跡の様子(4)

中ッ原遺跡は公園として整備されているので、利用される方も多いのではないでしょうか。案内板の前で当時の発掘の様子を聞くことができました。(3)尖石遺跡の33号住居址の露出展示。実際の住居址は埋め戻して保存しています。遺跡の保存と活用の両立は常に課題です。(4)                                       
遺跡地図

画像をクリックすると地図が大きく表示されます。また下記のダウンロードファイルからもご覧いただけます。

令和4年(2022年)度のバスツアーは中止です。遺跡を見学する際は、田畑などの私有地へむやみに立ち入らないようご注意ください。

ダウンロード

縄文遺跡をめぐるバスツアー[その他のファイル/1.8MB]

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>