ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子宮頸がん

子宮頸がん予防接種についてお知らせします。

平成25年6月から積極的勧奨を差し控えています。

接種を希望される場合は、茅野市健康管理センターまでお問い合わせください。

対象者

中学1年相当年齢~高校1年相当年齢の女子です。

平成25年6月14日「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、予防接種の副反応について専門家による分析・評価が行われました。

その結果、接種した後体中の痛みを訴えるケースがあり、専門家会議は「接種との因果関係も否定できない」と判断しました。そのうえで、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防接種については、定期接種の中止ではないものの、積極的に接種を勧めることはしないこととなりました。

しかし、有効性・副反応をよく理解したうえで接種を希望する場合は、引き続き公費で接種することができます。

詳しくは以下のリーフレットをご覧ください。

Hpvワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へはこちらから(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

Hpvワクチンを受けるお子様と保護者の方へはこちらから(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

子宮頸がん予防接種を受ける皆さんへ(平成25年6月版)はこちらから(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

接種の受け方

  1. 茅野市健康管理センターへご連絡ください。
  2. 指定医療機関へ予約をしてください。
  3. 予診票に必要事項を記入してください。
  4. 母子健康手帳・記入した予診票・保険証・(診察券)を医療機関へお持ち下さい。

   (注1)母子健康手帳がないと接種できません。

  指定医療機関一覧表 [PDFファイル/71KB]

予防接種被害救済制度について

予防接種法の定期接種によって、健康被害(医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副反応により入院が必要な程度の疾病や障害)などが生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による被害救済の対象になります。

健康被害の内容、程度等に応じて、薬事・食品衛生審議会(副作用被害判定部会)での審議を経た後、医療費、医療手当、障害年金、遺族一時金などが支給されます。

お問い合わせは、下記のとおりです。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部救済制度相談窓口

電話 0120-149-931(フリーダイヤル)

URL クリックすると別ウィンドウが開き、外部ページにジャンプします。<外部リンク>

地図情報

茅野市塚原2-5-45

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>