ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)

子宮頸がん予防接種

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防接種はワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛等の出現により、平成25年6月から積極的勧奨を差し控えていました。その後厚生労働省による論議が重ねられ、子宮頸がんワクチンの有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められたため、令和3年11月26日に積極的勧奨が再開となりました。

このため茅野市では該当になる方に、接種の際に必要となる予診票や厚生労働省作成のリーフレット、接種後の注意事項等を順次送付しています。

なお、接種の機会を逃した方への救済措置(キャッチアップ接種)につきましては、厚生労働省において論議が重ねられておりますので、詳細が決まり次第お知らせします。

対象者・予診票送付時期

中学1年生~高校1年相当年齢の女子

対象者・予診票送付時期
対象者 予診票送付時期
中学2・3年生(平成18年4月2日~平成20年4月1日生まれの女子) 令和4年2月 送付済み
小学6・中学1年生(平成20年4月2日~平成22年4月1日生まれの女子) 令和4年5月 送付予定※

※予定より早く送付を希望される方は、茅野市健康管理センターへご連絡ください。

接種期間

高校1年生に相当する年度の3月31日まで

 (今後、生まれ年によっては期間が延長になる可能性がありますので、対象になる方には改めてご案内差し上げます。)

費用

無料(接種期間を過ぎると任意接種となり費用がかかります。)

接種場所

実施医療機関で行います。

令和4年度 子宮頸がん 実施医療機関一覧 [PDFファイル/86KB]

※かかりつけ医が茅野市以外の場合や、里帰り出産等やむを得ない事情により茅野市で予防接種を受けることができない場合、茅野市以外の医療機関でも接種することができます。詳しくは長野県医師会のホームページ<外部リンク><外部リンク>をご覧いただくか、茅野市健康管理センターへご相談ください。

接種回数

ワクチンにはサーバリックス(2価)、ガーダシル(4価)の2種類のワクチンがあります。
医療機関で相談し、どちらか一方のワクチンを接種します。

どちらも、接種回数は全部で3回となります。すべての接種が終了するのに6か月かかります。

接種の受け方

  1. 実施医療機関へ予約をしてください。
  2. 予診票に必要事項を記入してください。
  3. 母子健康手帳・記入した予診票・保険証・(診察券)を医療機関へお持ち下さい。

(注1)母子健康手帳がないと接種できません。

詳しい情報はこちらをご覧ください

まずはこちら

小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版) [PDFファイル/4.2MB]

もっと詳しく知りたい方へ
小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版) [PDFファイル/6.06MB]

厚生労働省ホームページ
ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~(厚生労働省)<外部リンク>

予防接種被害救済制度について

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害が発生にすることがあります。

万が一、定期の予防接種による健康被害が発生し、一定の基準に該当する場合には、予防接種法に基づく健康被害の給付が受けられますので、健康づくり推進課へご連絡ください。

詳しくは、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>