ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市子育て・子育ち応援サイト > 児童扶養手当と公的年金給付等との併給制限の見直しについて

児童扶養手当と公的年金給付等との併給制限の見直しについて

児童扶養手当の改正についての説明です。

平成26年12月1日より児童扶養手当法の一部が改正されました。

これまで、公的年金等※を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分を児童扶養手当として受給できるようになりました。※公的年金等:遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

1.今回の改正により新たに手当を受けられる方

  • お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合 など

2.新たに手当を受給するための手続き

 申請の案内や書類は市役所から送付をしません。

そのため、今回の改正により児童扶養手当の対象になる方は茅野市役所6階こども課への申請が必要です。

電話0266-72-2101(内線614)

3.申請受付開始日

 平成26年12月1日から茅野市役所こども課にて申請の受付を開始します。

平成27年4月以降に申請した場合は、申請した翌月分からの手当の支給となります。

ただし、平成26年12月1日より前から公的年金等を受給しており、今回児童扶養手当の対象となる方は平成27年3月31日までに申請すれば平成26年12月分の手当から支給されます。

児童扶養手当について

「注意」今回の改正で自分が該当になるかどうかの確認やご不明な点等ありましたら茅野市役所こども課にお問い合わせください。

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>