ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市魅力情報発信サイト > 自分で育てた野菜で元気になる!

自分で育てた野菜で元気になる!

八ヶ岳を望む市民農園で、オリジナル菜園づくりに挑戦しよう

 

高原野菜の栽培

八ヶ岳連峰の清々しい山並みを眺める環境にある

茅野市では、遊休農地を利用した「市民農園」を整備し、市内在住者を対象に農地の貸し出しを行っています。利用期間は4月中旬から11月下旬までという条件付き(平成31年度の場合)ですが、1区画100平方メートルと、家庭菜園には十分な広さ。利用料も、1シーズンで1区画5000円と格安。希望すれば同じ区画を最長5年まで利用することができます。

市営温泉「望岳の湯」南東側の玉川穴山農園、おなじく「望岳の湯」南西側の宮川丸山農園、「茅野市ゴルフ練習場」第3駐車場東側の玉川粟沢農園、県道富士見・原・茅野線沿いの湖東(こひがし)笹原農園と、4農園49区画はすべて市街地から車で30分圏内。栽培は非営利目的、自家消費用の野菜に限られます。

契約した区画内であれば、栽培する野菜の種類は自由に決めることができるので、ご自宅の庭に十分な菜園スペースが取れない方や、広い畑で野菜作りを楽しみたい方にぴったり。レタスやホウレンソウ、ミニトマトなど、比較的育てやすい野菜はもちろん、敷地が広めなのでジャガイモやカボチャなどの栽培も楽しめます。

初心者でも、市民農園なら周囲の利用者からアドバイスをもらいやすいというメリットも。まずは土づくりから挑戦したいという利用者も多いようです。ご家庭で栽培した新鮮野菜が食卓に並ぶ毎日を、ぜひ実現してみませんか。

 

◆column

玉川粟沢は19区画、湖東笹原は18区画、玉川穴山・宮川丸山は各6区画と、敷地面積は農園により異なりますが、借りられる区画面積は、どこを選んでも同条件。例年、市のホームページで2月に利用者を募集するので、希望者はぜひチェックを。

農園の写真

高原ならではの寒暖差が野菜を美味しくしてくれる

 

〈DATA〉

茅野市市民農園

ちのししみんのうえん

住所:長野県茅野市

TEL:0266-72-2101(茅野市農業支援センター)

交通:JR茅野駅から車で5~30分

URL:https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/nourin/1511.html(市民農園紹介動画)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>