ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

茅野市こども・家庭応援計画(どんぐりプラン)

どんぐりプランの誕生

市民が主体となり行政と共に子どもをとりまく諸問題を考えるため、平成9年に福祉21茅野(茅野市の21世紀の福祉を創る会)の分科会として「子育て部会」が発足しました。そこでは、母子保健だけでなく、妊娠中から乳幼児期、学童期を経て18歳になるまで総合的に検討されましたが、福祉21ビーナスプラン(茅野市地域福祉計画)の計画書を提出するにあたり、学童期以降、とりわけ思春期を中心とした時期に対する議論の不足が指摘されました。そこで福祉21ビーナスプラン策定後、改めて市民ワーキングが組織され、子育て部会、市民ワーキングの考え方を統合し、こども・家庭支援について議論する場として、平成13年に市民34名によって「子ども家庭支援計画策定委員会」が設置されました。委員会では、行政と共に詳細な議論を重ね「地域ぐるみの子育て・子育ちを応援していくシステム」を構築することを意図として、平成14年に「地域教育福祉計画」である「こども・家庭応援計画(愛称:どんぐりプラン)」をまとめました。現在は、平成22年に見直し策定された「第2次茅野市こども・家庭応援計画」と平成25年度に実施した中間見直しによる後期計画に基づき、子ども及びその家庭の応援・支援を進めています。

計画の目的

この計画は、子どもが生まれる前から18歳になるまでを一貫して子どもとその家族の子育て・子育ちを応援していくために、生涯学習や学校教育、また保健、医療、福祉といった関連施策を総合的に実施し、掲げられた理念を具現化するために、計画的に推進していくことを目的としています。

計画の基本理念

たくましく、やさしい、夢のある子どもに育って欲しいと願い、「学ぶ」「支える」「つなぐ」「親育ち」の四つの視点を基本とします。

  1. 子どもたちが、豊かな自然のなかでさまざまな体験をつみ、人と人との交流のなかでお互いの個性を認め合い、生きる力を育んでいくことを応援します。
  2. 様々な課題をもつ子どもや親・家庭には必要な支援をきめ細かく提供していきます。
  3. 生命が宿ってから青年期までを教育・保健・医療・福祉が連携して、継続的、総合的な支援をしていきます。
  4. 子育ての喜びや大変さを分かちあえるまちを作ります。そのために、地域の教育力を高め、地域の人々が相互に協力して支えていくことを大切にします。

計画の基本的な視点

この計画では、「応援」と「支援」を以下のように考えています。

「応援」 地域の子育て、子育ちを広く市民と行政が一緒になって支えあっていくこと。

「支援」 何らかのニーズがある子どもや家庭に対して、行政等の専門機関が中心となって支えていくこと。

この計画では、「支援」だけでなく、地域の市民がともに子どもや家庭を「応援」しあいながら進めていくという考えを大切にしています。

どんぐりプランの推進

どんぐりプランの推進のために、人と人とをつなぐことを目的に活動している市民団体「どんぐりネットワーク茅野」が、子育て情報の収集や発信等に取り組んでいます。

どんぐりプランの主な成果

こども館0123広場

0歳から3歳までの親子の居場所です。室内の公園として情報交換の場としてご利用ください。 0123広場についてはこちらからご覧いただけます

CHUKOらんどチノチノ

中学生から高校生までの子どもの居場所です。自分の夢に向かって活動できる場でもあります。 CHUKOらんどチノチノについてはこちらからご覧いただけます

地区こども館

市内10地区にある子どもの居場所で、図書館分室に併設されている「屋根つきの公園」です。地域の子育ての拠点としても利用されています。 地区こども館についてはこちらからご覧いただけます

どんぐりネットワーク茅野の設立

どんぐりプランを推進するため、子ども・家庭に関する情報の一元化、市内のこども館運営の応援、子育てに関する市民活動の応援等を行う市民団体です。子育て支援に熱意のある市民や子どもに関する団体等で構成し、行政への提言及び連携を行いながら活動しています。

どんぐりネットワーク茅野についてはこちらからご覧いただけます

子育ての総合的な部署の設置(こども部の設置)

生まれる前から18歳になるまでを総合的・継続的に支援していくために、すべての相談に応じることができるワンストップサービス相談窓口として、平成14年に「こども・家庭応援センター」を設置しました。

そして、教育と福祉のさらなる連携・協調を図りながら、「第2次こども・家庭応援計画(どんぐりプラン)」の施策を強力に推進するため、0歳から18歳までの子育て・教育を一元的・一体的に取り組む組織として、平成24年に教育委員会に「こども部」を設置しました。

子育て関係情報の一元化(どんぐり通信)

どんぐりネットワーク茅野では、子どもや親子のために、地域のさまざまな体験活動、遊び場、学習の場、楽しい講座子育てについての情報を一つに集約し提供するため、「どんぐり通信マンスリー」(冊子)の発行を行っています。

どんぐり通信についてはこちらからご覧いただけます

茅野市こども会議

子どもの声をまちづくりに生かす為に開催されています。

 茅野市こども会議についてはこちらからご覧いただけます

どんぐりプランへの市民の声

第3次茅野市こども・家庭応援計画(どんぐりプラン)策定時に市民アンケートを実施しました。

 こども・家庭応援計画(どんぐりプラン)アンケート調査結果についてはこちらからご覧いただけます

『ちーぼはどんぐりプラン推進のために頑張るよ!!』

ちーぼ
どんぐりプラン推進大使
茅野市子ども会育成連絡協議会マスコットキャラクターちーぼ

ダウンロード

第3次茅野市こども・家庭応援計画(どんぐりプラン) [PDFファイル/5.45MB]

第2次茅野市こども・家庭応援計画どんぐりプラン後期計画[PDFファイル/974KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>