ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

茅野市の幼保小連携教育

 幼児期の子どもたちは、遊びを通して自分の思いを実現し、主体性や学ぶ意欲を育みます。一方児童期では、学校でのねらいをもった教科学習や、決められた時間の中での集団生活に移行します。
 この環境の変化は、子どもたちにとって大きなもので、期待感をふくらませ、新たな人間関係や生活環境に適応しながら、安心して学校での生活や学習が進められるようにすることが求められます。
 そのために、『茅野市幼保小連携推進計画』に基づき、幼稚園・保育園・小学校において「幼保小連携教育」に取り組んでいます。

幼児教育と小学校教育の円滑な接続

幼保小連携

要点

出版の紹介

書名 実践 接続期カリキュラム
~育ちと学びをつなぐ「幼保小連携教育」の挑戦~

「幼保小連携教育」の挑戦お花の画像1

 前段では幼保小連携教育の必要性やその理念。後段ではアプローチカリキュラム、スタートカリキュラム(接続期カリキュラム)の実践事例を掲載します。幼保小が連携することの良さを具体的に紹介しました。

上越教育大学大学院教授 木村吉彦監修
長野県茅野市教育委員会編
出版社 ぎょうせい
刊行2015年12月25日
価格2,300円

お花の画像2

初版完売御礼

「実践 接続期カリキュラム」の初版が完売し増刷となりました。ご協力いただき本当にありがとうございました。

主な内容

序章 今回の学習指導要領及び教育要領改定方針とのつながり

  • 学習指導要領改訂方針全体像
  • アクティブラーニングの在り方について

第一章 幼児教育と小学校教育とのかかわり

幼児教育と小学校教育の共通点/違い

第二章 幼児教育と小学校教育をつなぐ生活科

  • 教育目的の観点から
  • 教育方法の観点から
  • 評価論の観点から

第三章 接続期カリキュラムとは

  • 「三つの力」と接続期カリキュラム(三つの力の重要性)
  • アプローチカリキュラムとは
  • スタートカリキュラムとは

第四章 子どもの成長を連続的に捉える「学びのIn・About・For」

第五章 接続期カリキュラム実現の流れと全体計画(交流から連携・接続へ)

  • 茅野市における幼保小連携教育の歩み
  • 読書活動からの出発
  • 0歳から18歳までの一貫した子育てプラン
  • 推進委員会による幼保小連携計画の策定(交流から連携へ)
  • 保護者・職員アンケートから明らかとなった接続期カリキュラムの意義
  • 茅野市の接続期カリキュラムモデルプラン

第六章 茅野市における接続期カリキュラムの意義

  • 各園のアプローチカリキュラム実践事例とその特色
  • 各校のスタートカリキュラム実践事例とその特色

第七章 茅野市の特色ある連携

  • 「異年齢交流」にもとづく連携のあり方
  • 学校園の実践事例
  • 「職員連携」の実現に向けて
  • 小学校職員による一日保育士体験
  • 保育士による学校体験
  • 「保護者連携」の実現に向けて

終章 生涯学習における接続期カリキュラムの意義と教師の役割

人生のスタートラインとしての接続期カリキュラム

人生のスタートラインとしての接続期カリキュラムの画像

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>