ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 雇用・労働支援 > 茅野市はテレワーク・デイズ2019に参加しています!

茅野市はテレワーク・デイズ2019に参加しています!

テレワークデイズ2019

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都と連携し、2017年から2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています。
2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして7月22日から9月6日までの約1か月間を「テレワーク・デイズ2019」<外部リンク>の実施期間として設定し、テレワークの一斉実施を呼びかけています。

茅野市は、「テレワーク・デイズ2019」<外部リンク>の取組に賛同し、「ワークスペースを提供」する及び「ワーケーションを支援」する応援団体として登録しています。

「テレワーク・デイズ2019」応援団体 茅野市のページ<外部リンク>

 

※「テレワーク」とは?
情報通信技術(Information and Communication Technology)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。「テレワーク」を活用することにより、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現」や「業務効率の向上」、「災害時における業務継続能力の向上」などが可能になると言われています。


※「ワーケーション」とは?
仕事(Work)と休暇(Vacation)を組み合わせた造語。多様な働き方の選択肢の一つとして、滞在先で時々仕事をするなど仕事と余暇を両立させた働き方。長野県は「信州リゾートテレワーク」の名称でこれを推進しています。

 

応援概要

<ワークスペースを提供します>
都心から約2時間、八ヶ岳の西麓に広がる高原都市「茅野」に降り立つと、駅直結(茅野駅前ベルビア2階)のコワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」があります。ここのデスクシェアスペースは、3時間500円からドロップイン利用が可能です。さらに9,000円で月額契約していただくと、ロッカーが付いて24時間入退室が可能になり、大変お得です。また、ミーティングルームはモニターを備えていますので、テレビ会議等が容易に行え、都会のオフィスと変わらないワーク環境が整います。この他、キッチンスタジオやイベントスペースなども併設していますので、様々なシーンに合わせてご利用いただけます。

 

<ワーケーションを支援します>
充実したワーク環境で集中した後は、大自然がエナジーのフル充電をサポートします。静かな景色や温泉が癒しの蓼科、アクティビティも楽しめる白樺湖・車山、世界中から登山者が集まる雄大な八ヶ岳。年間を通して晴天率が高く、夏でも涼しく快適に過ごせる茅野市は、約1万戸あると言われている別荘の多さからも、その人気の高さがうかがえます。田舎過ぎず都会でもない、普段の生活を維持したままのロングステイも可能です。いつものオフィスとは違うリゾートエリアで業務することで、モチベーションアップとリラックス効果が期待でき、チームビルディングやプロジェクト会議にも最適です。

茅野観光ナビ
https://navi.chinotabi.jp/<外部リンク>

JR茅野駅直結「ワークラボ八ヶ岳」

ワークラボ八ヶ岳

住所:長野県茅野市ちの3502-1ベルビア2階

TEL:0266-78-5573

時間:10時~20時30分

定休日:毎月第3木曜、年末年始

交通:JR茅野駅直結

料金:デスクシェアスペース3時間500円、1日1,000円

URL:https://wly.jp<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>