ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険をやめるとき

次に該当するようなときには、14日以内に国民健康保険をやめる手続きをしてください。

  1. 国民健康保険加入者が茅野市から転出するとき
  2. お勤め先の健康保険等に加入したとき
  3. お勤め先の健康保険の被扶養者になったとき
  4. 国民健康保険加入者が亡くなったとき
  5. 生活保護を受けるようになったとき
  6. 学生用保険証をお持ちの方が卒業されたとき

※国民健康保険は、勤務先等の健康保険に加入しても自動的に資格喪失とはならず、国民健康保険に加入したままになり、保険税も二重で課税され続けることになります。

※他の健康保険加入日または転出日以降に、茅野市の国民健康保険証を使って医療機関などを受診された場合、あとで茅野市の国民健康保険が負担した医療費を返還請求することもあります。茅野市の国民健康保険でなくなった場合には、保険証の回収にご協力ください。

手続きに必要なもの

  • 今まで使っていた国民健康保険証
  • 新しく加入した健康保険証(加入した人全員分をお持ちください)
  • 生活保護開始通知(生活保護を受けるようになったとき)
  • その他脱退事由が確認できる書類
  • 印鑑
  • 届出(申請)者、世帯主、手続き対象者全員分の個人番号カードまたは通知カード
  • 通知カードの場合は、届出(申請)者の本人確認書類(運転免許証等)

※国民健康保険証は、手続きの際に返却していただきます。

国民健康保険におけるマイナンバー(個人番号)を利用した情報連携の開始について

※国民健康保険は新しい健康保険に加入された日(資格取得日)から脱退となるため、「新しい保険証」が必要になります。また、扶養の方がいる場合は、それがわかるもの(全員分)も必要になります。

※必要書類がそろっていても事前の手続きはできません。必ず脱退事由が発生した日以降に届出をしてください。

国民健康保険に加入している方が亡くなった場合には、葬祭費が支給されます。

国民健康保険の加入者が亡くなられたとき、葬儀を行った人(喪主・施主)に対して、葬祭費が支給されます。
国民健康保険の脱退の手続きに併せ手続きをしてください。
詳しくは下記関連情報の「葬祭費」の項目をご覧ください。

国民健康保険税の精算

国民健康保険を年度途中でやめたときは、国民健康保険税を再計算します。国民健康保険税額に変更がある場合は精算が必要になります。

手続きする場所

市役所高齢者・保険課(1階8番窓口)

※届出ができるのは、本人、世帯主、住民票上同世帯の方です。住民票上別世帯の方が届出をされる場合は、本人または世帯主の記入した委任状が必要になります。

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>