ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 令和2年 期間合計特殊出生率(統計)

令和2年 期間合計特殊出生率(統計)

1 合計特殊出生率とは

合計特殊出生率とは、「15 歳から49 歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」で、1人の女性がその年齢別出生率で一生の間に産むとしたときのこどもの数に相当します。
合計特殊出生率には、期間合計特殊出生率と、コーホート合計特殊出生率の2 種類ありますが、ここでは、年次比較や地域比較に用いられる茅野市の期間合計特殊出生率について紹介します。
なお、合計特殊出生率の算出に使用する基礎資料として、出生数は厚生労働省「人口動態統計」の母の年齢(5 歳階級)別出生数を、女性人口は住民基本台帳の年齢(5歳階級)別日本人女性人口(各年10 月1 日時点)を用いています。
また、出生数について15歳及び49歳にはそれぞれ14歳以下、50歳以上を含んでいます。

(1)合計特殊出生率の算出方法について

合計特殊出生率は、本来年齢(各歳)ごとの出生率を足し上げる仕組みであることから、当市では年齢(5 歳階級)ごとに、母の年齢別出生数を住民基本台帳による年齢別日本人女性人口で除して平均値を求め、それを5 倍した数値を足し上げています。

(2)「期間合計特殊出生率」と「コーホート合計特殊出生率」について

 「期間合計特殊出生率」:ある期間(1 年間)の出生状況に着目したもので、その年における各年齢(15 歳から49 歳まで)の女性の出生率を合計したもの。女性人口の年齢構成の違いを除いた「その年の合計特殊出生率」として、年次比較、国際比較、地域比較に用いられています。

「コーホート合計特殊出生率」:ある世代の出生状況に着目したもので、同一年生まれ(コーホート)の女性の各年齢(15 歳から49 歳まで)の出生率を過去から積み上げたもの。「その世代の合計特殊出生率」です。

実際に「1人の女性が一生の間に生む子どもの数」はコーホート合計特殊出生率ですが、この値はその世代が50 歳になるまで得られないため、それに相当するものとして「期間合計特殊出生率」が一般に用いられています。

2 茅野市の令和2年の合計特殊出生率 「1.48」

前年比0.10ポイントの減少

令和2年茅野市の合計特殊出生率は、1.48で前年の令和元年と比べ0.10ポイントの減少となりました。
合計特殊出生率を計算する際の分子となる出生数及び分母となる女性人口は大きく減少しています。
なお、人口を維持するのに必要な合計特殊出生率は、2.08とされています。

第1表 茅野市の合計特殊出生率(令和2年) [Excelファイル/26KB]

3 母の年齢(5歳階級)別合計特殊出生率

「35~39歳代を除くすべての世代で減少」

母の年齢(5 歳階級)別での合計特殊出生率によると、前年の令和元年と比べて減少しなかったのは、35~39歳代のみで、それ以外の世代では減少しました。特に、25~29歳代では前年比0.07ポイント減少で、他の世代より減少幅が大きくなりました。

第2表 茅野市母親の年齢(5歳階級別)合計特殊出生の推移 [Excelファイル/23KB]  

 4  茅野市、長野県及び全国との合計特殊出生率の比較

「全国比では0.15ポイント多く、長野県比では0.04ポイント少ない」

令和2年の合計特殊出生率は、全国が1.34、長野県が1.53、茅野市が1.49 となっています。前年と比べるとそれぞれ、全国は0.02ポイントの減少、長野県は0.04ポイントの減少、茅野市は0.09ポイントの減少となっています。

第3表 茅野市、長野県及び全国の合計特殊出生率の推移 [Excelファイル/27KB]

ダウンロード

第4表 茅野市 出生数の年次推移、母の年齢(5歳階級別) [Excelファイル/13KB]

第5表 出生数等年次統計表 [Excelファイル/18KB]

第6表 期間合計特殊出生率を用いた出生数の構造分析 [Excelファイル/23KB]

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>