ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画課 > 平成30年工業統計調査結果の概要(茅野市の工業)[速報集計]

平成30年工業統計調査結果の概要(茅野市の工業)[速報集計]

1 調査結果の概要(従業者4人以上の事業所)

 平成30年工業統計調査は、従業者4人以上の事業所を対象に平成30年6月1日現在で実施しました。

茅野市の主要項目の概要は次のとおりです。(表1、図1)

  • 事業所数は216事業所で、前年に比べ5事業所(対前年増加率2.4%)の増加となりました。
  • 従業者数は8,932人で、前年に比べ443人(同5.2%)の増加となりました。
  • 製造品出荷額等は2,137億169万円で、前年に比べ203億4,431万円(同10.5%)の増加となりました。
  • 原材料使用額等は1,289億2,054万円で、前年に比べ155億3,928万円(同13.7%)の増加となりました。
  • 粗付加価値額は808億1,970万円で、前年に比べ52億2,901万円(同6.9%)の増加となりました。
  • 現金給与総額は364億4,791万円で、前年に比べ22億1,954万円(同6.5%)の増加となりました。
表1 茅野市工業の主要指標(従業者4人以上の事業所)
項   目 単位 平成29年※ 平成30年※ 前年比% 前年増減
事業所数 事業所 211 216 2.4 5
従業者数 8,489 8,932 5.2 443
  平成28年 平成29年  
製造品出荷額等 万円 19,335,738 21,370,169 10.5 2,034,431
原材料使用額等 万円 11,338,126 12,892,054 13.7 1,553,928
粗付加価値額 万円 7,559,069 8,081,970 6.9 522,901
現金給与総額 万円 3,422,837 3,644,791 6.5 221,954
1事業所当たり従業者数 40.2 41.4 3.0 1.2
1事業所当たり製造品出荷額等 万円 91,639 98,936 8.0 7,297
1事業所当たり粗付加価値額 万円 35,825 37,417 4.4 1,592
常用労働者1人当たりの現金給与額 万円 429 438 2.1 9

 ※1 「平成29年」及び「平成30年※」の数値は平成29年工業統計調査の数値。
 ※2 「平成28年」及び「平成29年※」の数値は平成28年経済センサス-活動調査の数値。
 ※3 事業所数及び従業者数について、「平成29年※」は平成29年6月1日時点の数値。
    「平成30年※」は平成30年6月1日時点の数値。
                               資料:工業統計調査、経済センサス

図1 茅野市の工業規模の推移

茅野市の工業規模の推移

                                                                        資料:工業統計調査、経済センサス

2 長野県内市町村の製造品出荷額等の順位

 (長野県下上位20市町村・従業者4人以上の事業所)

 長野県下20市町村における茅野市の位置を見ると、製造品出荷額等は8位(前年7位)となりました。

20位以内の諏訪地域内の結果は下表のとおりです。

 

表2 長野県内市町村の製造品出荷額等の順位(上位20市町村・従業者4人以上の事業所)
平成29年
順位
市町村名 平成28年
順位
製造品出荷額等
平成29年 平成28年 H29-H28 増減率
万円 万円 万円
1 塩尻市 1 73,647,419 70,089,531 3,557,888 5.1
2 長野市 2 56,341,578 55,061,255 1,280,323 2.3
3 上田市 4 51,679,430 47,534,848 4,144,582 8.7
           
8 茅野市 8 21,370,169 19,335,738 2,034,431 10.5
           
12 岡谷市 12 17,425,219 16,031,769 1,393,450 8.7
           
20 諏訪市 20 10,128,949 9,447,874 681,075 7.2

資料:工業統計調査

3 長野県下19市との比較

 (長野県下19市・従業者4人以上の事業所)

 長野県下19市における茅野市の位置を見ると、事業所数は7位(前年7位)、従業者数は7位(同8位)、製造品出荷額等は7位(同8位)、粗付加価値額は10位(同10位)となりました。

4 参考のホームページご案内

 

考察

『平成30年工業統計調査結果』と『茅野市の工業振興施策』との相関関係について

 毎年、製造業の実態把握のため、工業統計調査にご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 調査結果が、茅野市の工業振興施策にどのように活用されているのかについて、ご紹介します。

考え方

 リーマンショック後の景気動向や事業者の方からのヒアリングと併せて、諏訪地域の製造品出荷額等により、産業構造等の現状や、市内の製造業の強みや弱みを把握し、茅野市工業振興施策(産業振興ビジョン等)に反映しています。

茅野市工業の現状(工業統計調査等から)

・事業所数及び製造品出荷額等はやや増加 ⇒ 1事業所あたりの製造品出荷額等は増加
・製造業の動静が税収に与える影響が大きい ⇒ 税収のみならず市内経済に影響大
・製造業に従事する就業者数は増加 ⇒ 税収のみならず市内経済に影響大

「工業は市の基幹産業である」という位置付けの明確化

ゆえに、持続的な成長が必要

これを実現するため、以下の課題を抽出し解決のための支援を展開

○課題及びその解決に向けた取組等
課 題 目 標 市の支援 ね ら い
企業の経営体質強化(足腰の強い経営) 目まぐるしく変わる外部環境に対応し、持続的な成長を実現 ○茅野市中小企業振興補助金
(工場の新設、増設等に対する支援)
工場の立地誘導
新規事業への参入
○茅野市製造業労務環境改善等設備投資促進補助金
(製造業の設備投資に対する支援)
中小企業の労務環境改善及び競争力強化
○茅野市新技術・新製品研究開発事業補助金
(新技術・新製品開発、大学等との技術指導契約、研究会の設置に対する支援)
既存製品の高付加価値化
他社との差別化
新規事業への参入
○茅野市受注及び販路開拓支援事業補助金
(展示会等への出展支援)
従来諏訪地域が弱いと言われてきた技術のPRに注力し発信力を強化
○茅野市中小企業人材育成等支援事業補助金
(セミナー、講座等の受講料・テキスト代等の支援)
技術、営業、研究開発などの各部門において優秀な人材を育成
○茅野市雇用促進奨励金
(中高年齢者や、心身障害者、子育て期の女性等の雇用に対する支援)
中高年齢者や、子育て期の女性等優秀なスキルをもった人材の採用、活用
○茅野・産業振興プラザの設置
(市、商工会議所、諏訪東京理科大の連携により、産業間、産学公連携の支援)
市内外の大学、公設試験研究機関、産業支援機関等との連携及び産業間の連携促進
○茅野市製造業労働力緊急確保支援事業補助金
(製造業中小企業に派遣される派遣労働者及び派遣会社に対する支援)
諏訪圏外から新たな労働力を確保
市内企業での就労継続、定着促進
○茅野市インターシップ等促進事業補助金
(市内事業者が学生等向けに行うインターシップや魅力発信活動を支援)
学生等の職業選択能力や就業意識の向上、就労促進
市内事業者の魅力を直接学生等に伝えて優秀な人材を確保
○コワーキングスペース(ワークラボ八ヶ岳)の設置
(学生の地元定着促進、女性の社会進出促進、新しい働き方の浸透、起業・創業・就業支援等)
市内外の学生、地域住民、企業等の知見やネットワークを活用し、交流を促進して、新たな経済活動の創出・育成を図る。

(商工課工業・産業振興係)

関連情報

工業規模の推移

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>