ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 平成27年国勢調査結果 ~世帯構造等基本集計結果~

平成27年国勢調査結果 ~世帯構造等基本集計結果~

平成27年10月1日現在の平成27年国勢調査結果「世帯構造等基本集計」について、概要を紹介します。

1 居住期間の状況について

居住期間20年以上の人数は、人口に占める割合が31.0%で最も多い。

 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の茅野市の人口は、55,912人で、その内20年以上の居住期間の人口が17,342人で31.0%と最も多く、出生時からの居住者人口が9,519人で17.0%、10年以上20年未満の居住期間の人口が9,289人で16.6%と続いており、20年以上の居住者の人口が最も多くなっています。

図1 居住期間(6区分)の人口に占める割合の比較

居住期間(6区分)の人口に占める割合の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

図2 居住期間別人口の比較

居住期間別人口の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

 65歳以上の人口に占める割合は、15,808人で28.3%、75歳以上の人口に占める割合は、7,652人で13.7%となっており、65歳以上の人口で約3割を占めています。
 5歳階級別人口による居住期間の比較によると、65~69歳が4,462人で最も多く、40~44歳の4,387人、35~39歳の3,768人と続いており、20年以上の居住者が高齢になる程多くなり、25~44歳代では、1年以上5年未満の区分で3,913人となり44.2%を占めています。

図3 年令(5歳階級)、居住期間別の人口の比較

年令(5歳階級)、居住期間別の人口の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

 男女別では、男性の20年以上の居住期間の人口が占める割合は、26.2%と最も多く、出生時からの居住者人口の割合が21.9%、1年以上5年未満の居住期間の人口が16.3%と続き、女性も20年以上の居住期間の人口が占める割合が35.8%と最も多く、10年以上20年未満の居住期間の人口が17.3%、1年以上5年未満の居住期間の人口が15.5%と続いており、出生時からの居住者人口は、男性の方が9.7%多くなっています。

図4 居住期間別の割合・男女別

居住期間別の割合・男女別の画像1 居住期間別の割合・男女別の画像2

資料:平成27年国勢調査

 配偶関係では、未婚は、出生時からの居住者人口が6,115人の31.5%と最も多く、1年以上5年未満の居住期間の人口が3,819人の19.7%、10年以上20年未満の居住期間の人口が2,929人の15.1%と続いており、有配偶については、20年以上の居住期間の人口が占める割合は、11,907人の40.6%と最も多く、10年以上20年未満の居住期間の人口が5,423人の18.5%、1年以上5年未満の居住期間の人口が4,080人の13.9%と続いており、20年以上の居住期間の人口が占める割合は、有配偶の40.6%が配偶関係全体の中でも最も多くなっています。

図5 配偶関係、居住期間別の人数の比較

配偶関係、居住期間別の人数の比較 の画像

資料:平成27年国勢調査

2 住居所有関係別の世帯数について

持ち家の世帯数が約7割を占め最も多い。

 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の茅野市全体の一般世帯数は、22,271世帯で、その内、持ち家の世帯数の占める割合は、15,506世帯の69.6%で最も多く、民営の借家4,864世帯の21.8%、住宅以外に住む一般世帯676世帯の3.0%と続いています。持ち家の世帯数が約7割で最も多くなっています。

図6住居所有関係別世帯数の比較

住居所有関係別世帯数の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

※世帯の種類について、国勢調査では、「一般世帯」と「施設等の世帯」の2種類に区分しています。
 「一般世帯」とは、「施設等の世帯」以外の世帯を示します。
 「施設等の世帯」とは、学校の寮・寄宿舎の学生・生徒、病院・療養所などの入院者、社会施設の入所者、自衛隊の営舎内・艦船内の居住者、矯正施設の入所者などから成る世帯を示します。

3 世帯の家族類型について

高齢単身世帯は、単独世帯の内の3割を超える。

 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の茅野市全体の一般世帯数22,271世帯の内、核家族世帯数は、15,371世帯の57.3%で家族類型の分類の中では最も多く、単独世帯(一人の世帯)は、6,703世帯の30.1%、親族のみの核家族以外の世帯2,609世帯の11.7%と続いています。

 単独世帯の中でも、高齢単身世帯は、単独世帯6,703世帯の内2,209世帯で33.0%となっており、3割を超えています。

図7 世帯の家族類型の世帯数割合比較

世帯の家族類型の世帯数割合比較の画像

資料:平成27年国勢調査

図8 世帯の家族類型、居住期間別の世帯数の比較

世帯の家族類型、居住期間別の世帯数の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

4 産業・職業(大分類)15歳以上就業者数について

製造業が28.8%で最も多い。

 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の茅野市の15歳以上就業者数は、28,683人で、その内、20年以上の居住期間の人数が占める割合は、8,922で31.1%と最も多く、10年以上20年未満の居住期間の人数が5,538人の19.3%、1年以上5年未満の居住期間の人数が4,722人の16.5%と続いています。
 産業(大分類)で見ると、製造業で8,247人の28.8%が最も多く、卸売業・小売業で3,389人の11.8%、医療・福祉で3,195人の11.1%と続いています。

図9 産業(大分類)、居住期間別の15歳以上就業者数の比較

産業(大分類)、居住期間別の15歳以上就業者数の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

 職業(大分類)で見ると、生産工程従業者が5,388人の18.8%で最も多く、事務従事者が5,034人の17.6%、専門的、技術的職業従事者で4,861人の16.9%と続いています。

図10 職業(大分類)、居住期間別の15歳以上就業者数の比較

職業(大分類)、居住期間別の15歳以上就業者数の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

5 家族3類型、こどもの数について

一般世帯の82.8%が核家族世帯。

 夫婦のいる一般世帯の家族類型として、夫婦のいる核家族世帯と夫婦のいるその他の世帯で同居の親の有無により3つの類型に分けられています。
 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の3つの類型の世帯総数は、13,275世帯、世帯人員は、42,538人で世帯の割合としては、夫婦のいる核家族世帯数では10,991世帯の82.8%、また、世帯人員数では、31,781人の74.7%と共に最も多くの割合を占めています。
 夫婦のいるその他の世帯同居の親ありの世帯は、2,013世帯で15.2%、人員数では、9,554人で22.5%、そして、夫婦のいるその他の世帯同居の親なしの世帯は、271世帯で2.0%、人員数では、1,203人で2.8%とそれぞれ続いています。
 これらの世帯において、こどもの人数は、こどもなし、こども1人、2人、3人、4人以上の順で世帯数が減少しています。

図11 世帯の家族3類型の世帯数・世帯人員の割合

世帯の家族3類型の世帯数・世帯人員の割合の画像1世帯の家族3類型の世帯数・世帯人員の割合の画像2

資料:平成27年国勢調査

図12 世帯の家族類型・世帯人員別の比較

世帯の家族類型・世帯人員別の比較の画像

資料:平成27年国勢調査

6 母子・父子世帯について

こども一人の世帯が、長野県・茅野市共に5割以上を占める。

(1)母子世帯について
 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の母子世帯に於けるこどもの居る世帯は、長野県では10,997世帯、茅野市では365世帯となっています。
 人数の割合では、こども1人が、長野県では5,688世帯で51.7%、茅野市では189世帯で51.8%となっており、県・市共に5割以上の割合を占め、こども2人が県36.9%、市36.7%、こども3人以上が県11.4%、市11.5%と続いています。

図13 母子世帯長野県・茅野市の各割合

母子世帯 長野県・茅野市の各割合の画像1母子世帯 長野県・茅野市の各割合の画像2

資料:平成27年国勢調査

(2) 父子世帯について
 平成27年国勢調査による平成27年10月1日現在の父子世帯に於けるこどもの居る世帯は、長野県では1,320世帯、茅野市では57世帯となっています。
 人数の割合では、こども1人が、長野県では55.5%、茅野市では56.1%となっており、県・市共に5割以上の割合を占め、こども2人が県35.2%、市35.1%、こども3人以上が県9.3%、市8.8%と続いています。

図14 父子世帯長野県・茅野各合

父子世帯 長野県・茅野市の各割合の画像1父子世帯 長野県・茅野市の各割合の画像2

資料:平成27年国勢調査

ダウンロード

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>