ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 土地・住宅 > 地籍調査 > 地籍調査に伴う事前調査を行っています

地籍調査に伴う事前調査を行っています

事前調査にご協力をお願いします

茅野市では、国土調査法に基づく地籍調査を実施しています。
これに伴い、事前現地調査を市職員及び委託業者で実施しています。
下記の事前調査に必要な範囲で、民有地に立ち入らせて頂くことがあります。
また、官民境界(道路や水路等の公共用地と民有地との境界)の仮表示を行います。
ご理解とご協力をお願いします。

事前調査の範囲

令和元年度に地籍調査を実施する、小堂見区の一部において事前調査を行います。
令和元年度地籍調査予定区域図

事前調査の内容

仮杭、仮表示の設置

地籍調査では、調査区域すべての土地を一筆ずつ境界確認をする必要があります。
境界確認のための立会において、仮杭を参考に各地権者さんに確認して頂くことで円滑に確認ができるよう、事前に目印をするものです。
境界を一方的に決定する意図はありませんのでご了承ください。

仮杭は、官民境界(道路や水路等の公共用地と民有地との境界)と思われる位置に設置します。

仮杭が土地の出入り等で支障がある場合には、入れ替え作業をしますので
下記お問い合わせ先までご連絡頂きますようお願いします。
仮杭の例
プラスチック杭を半分打ち込み
及び青い棒とピンク色のリボンを仮杭とします。

プラスチック杭は、正式な境界標として使用するものですが、浅く打ち込んで見分けられるようにします。
これは、境界確認が出来たところで、すぐに下まで打ち込んで、正式な境界標とできるようにするためです。
円滑な調査のためご理解をお願いします。

プラスチック杭や青い棒が立てられない場所には、金属鋲やスプレー等で仮表示をします。

既存の境界標の調査

過去に境界立会を行った記録がある土地については、
当時設置した境界標が現在も残っているか調べます。
古い杭は地面に埋まっていることが多いため、地面を掘らせて頂くことがあります。

基準点の設置

境界確認が出来たら、確認した境界位置の測量を行います。
この測量の際に位置関係の基準となる点が必要となり、これを基準点と呼びます。
この基準点を、規定に基づいて設置する必要があります。
原則的には公共用地に設置しますが、民有地に設置をお願いさせて頂く場合があります。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>