ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境課 > 茅野市環境マネジメントシステムについて

茅野市環境マネジメントシステムについて

事業活動よる環境負荷の低減に向けて、平成23年からエコアクション21による環境マネジメントシステムに取り組み、平成28年7月からは市独自の環境マネジメントシステム「エコマネ茅野」を構築・運用しています。令和3年4月からは、地球温暖化対策実行計画(事務事業編)の目標達成のための推進及び進行管理のために運用しています。

環境マネジメントシステムとは

環境負荷削減と環境保全の推進に取り組むための環境経営システムです。
環境経営システムとは、組織が環境活動に効果的・効率的に取り組むための仕組みであり、

  1. 自主的に環境への取組方針と目標等を定める計画の策定
    (計画=Plan)
  2. 目標を達成するための組織体制を整備して必要な取組の実施
    (実行=Do)
  3.  システムの運用の状況の確認や目標の達成状況を把握・評価
    (点検=Check)
  4. 定期的に見直していく
    (見直し=Act)

PDCA(ピーディーシーエー)サイクル

というPDCAサイクルを基本とし、これによってシステムと環境への取組の継続的な改善を図っていきます。

茅野市環境方針

  茅野市は、地域の一事業者として、自ら行う行政活動により排出される温室効果ガスの削減のために取り組むとともに、環境への負荷の低減に率先して努め、茅野市の優れた自然環境を次世代へと引き継ぐため、市民・事業者・滞在者と協働し、「八ヶ岳の豊かな自然と人が調和する環境先進都市」の実現に向けて、以下のとおり環境方針を定め、全職員が一丸となって取り組みます。

行政活動により排出される温室効果ガスの削減に向けて取り組むとともに、適切な環境配慮を行います。

地域の一事業者として、温室効果ガスの削減に向けて施設設備等の運用改善・更新するとともに、日常業務において排出される温室効果ガスの削減に向けては、明確な数値目標をもって全職員で取り組み、省資源・省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、グリーン購入等を通じて環境に配慮した行動を実践します。

「八ヶ岳の豊かな自然と人が調和する環境先進都市」の実現に向けた各種施策を推進します。

 「茅野市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)に基づき、茅野市環境マネジメントシステムを運用し、「茅野市環境にやさしいまちづくり条例」「第2次茅野市環境基本計画」と連携して、、地球温暖化対策、循環型社会の構築、自然環境の保全など地域環境の保全・創造に向けて環境に配慮した施策を推進します。

職員の環境意識を向上します。

 研修等の実施により、職員一人ひとりの環境保全に関する理解を深め、環境意識を向上します。

環境に関連する法令等を遵守します。

 環境関連法規等を遵守し、環境汚染の予防に努めます。

環境マネジメントシステムの適正な運用に努めます。

 茅野市環境マネジメントシステムを活用し、具体的な環境目標を定め、これを達成するため定期的な見直しと継続的な改善を行い、実施成果を公表します。

  令和3年4月1日


茅野市長 今井 敦

環境活動レポートの公表

環境マネジメントシステムの実施結果を、「環境活動レポート」として作成・公表しています。

環境活動レポートはダウンロードにあるファイルをご参照ください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>