ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公共交通対策について

茅野市・原村地域公共交通活性化協議会

バス路線がまたがる茅野市および原村は、国の財政的な支援を得る中で、将来にわたった地域にふさわしい公共交通を形づくるため、「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に基づく協議会を設置しています。会議は、どなたでも傍聴できます。

詳細はこちらをご覧ください。

茅野市公共交通あり方検討会議

市民及び観光客等の移動手段の確保等、市内における公共交通のあり方を検討するため、平成20年度に設置しました。

平成22年度からの3年間の実証運行が終わり、一つの区切りを迎えました。実証運行の結果を踏まえ、見えてきた課題に対して、より具体的な議論を行う必要があります。このため、茅野市公共交通あり方検討会議については解散し、新たにこの公共交通問題を掘り下げる検討会「茅野市公共交通検討会議」を設置することとしました。

茅野市公共交通検討会議

地域公共交通総合連携計画による3年間の実証運行が平成25年9月で終了します。実証運行を総括し、これからの茅野市の公共交通について大きく見直すために設置しています。

詳細はこちらをご覧ください。

公共交通機関等のご案内

公共交通機関等のご案内はこちらをご覧ください。

乗って残す、乗って活かす公共交通

公共交通のもつ意義や重要性を広く県民に伝え、利用促進に向けた意識の醸成を図るため、長野県などの主催により、「乗って残す、乗って活かす公共交通」県民大会が開催されています。(平成20年度~)

茅野市・原村地域公共交通活性化協議会も、この「乗って残す、乗って活かす公共交通」を合い言葉に、公共交通の利用促進対策に取り組んでいきます。

県民宣言[PDFファイル/115KB]はこちらをご覧ください。

利用促進に向けた取組

利用促進に向けた取組として、広報ちのでバスの現状等をお知らせし、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いしています。

関連情報

ダウンロード

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>