ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

茅野市名誉市民のご紹介

宮坂英弌(みやさかふさかず)

明治20年3月4日~昭和50年6月11日。

特別史跡尖石をはじめ、長年に渡って埋蔵文化財の発掘や保護に情熱を注がれた人物で、昭和25年に蒼綬褒章、昭和41年に勲四等瑞宝章、昭和49年に吉川英治文化賞、昭和50年には生前の功績に対して従五位勲四等旭日小綬章が贈られています。著書、論文も多数あり、中でも『尖石』(茅野町教育委員会刊)、『渋川』(尖石考古館刊)、『蓼科』(同)が著名です。
昭和42年1月1日、茅野市で初となる名誉市民の称号が贈られました。

関連情報

尖石縄文考古館トップページ


矢崎虎夫(やざきとらお)

明治37年7月25日~昭和63年9月24日。

芸術活動一筋の人生を歩まれ、日本彫刻界の巨匠として国内外に認められるとともに、市の芸術文化の向上にも多大な貢献をされました。昭和56年までの間に5回に渡る紺綬褒章と、昭和57年に勳四等瑞宝章が贈られ、同年12月には名誉市民の称号が贈られました。氏の作品は、パリ・バリセンヌ公園の「雲水郡像」、国立近代美術館の「托鉢像」、第33回国民体育大会のモニュメント「やまびこ郡像」、尖石縄文考古館の「縄文の手」など多数あるほか、茅野市の蓼科高原美術館にも数多く展示されています。

関連情報

蓼科高原美術館<外部リンク>

小平邦彦(こだいらくにひこ)

大正4年3月16日~平成9年7月26日。

昭和13年に東京大学理学部数学科、16年に同物理学科を卒業され、助教授時代を経た後、渡米し、大学教授として活躍されました。帰国後も東京大学、学習院大学で理学部教授を歴任。数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞のほか藤原賞、ウルフ賞などの世界的に著名な賞を数々受賞されています。昭和62年に勳一等瑞宝章が贈られ、昭和63年には名誉市民の称号が贈られました。その後も東京大学名誉教授、日本学士院会員などの要職に就き活躍されました。

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>