ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災 > 被災者支援 > 令和元年台風19号に関する茅野市の対応について

令和元年台風19号に関する茅野市の対応について

目次

  • 義援金の受付
  • 被災地支援

義援金受付

令和元年台風第19号災害義援金により、被災された方々を支援するために義援金を受付しています。ご協力をお願いします。

受付場所

  • 茅野市役所1階北側 地域福祉課窓口
  • 茅野市役所ベルビア店
  • 各地区コミュニティセンター

担当課 地域福祉課 電話72-2101(内線302.303.304)

被災地支援

職員派遣について

 令和元年台風19号は、全国的に未曽有の被害をもたらしました。長野県内における被害も甚大で、被災市町村だけでは災害対応が困難な状況が続いています。このため、県内では、長野県市町村相互応援協定に基づき、被害が比較的少ない市町村が、被害が甚大な市町村を支援する体制を調整しています。
 10月16日(水曜日)、この調整に基づき、諏訪広域市町村は、当面、佐久広域市町村(11市町村)を支援する旨、ブロック代表の岡谷市から連絡がありました。これを受け、茅野市では、同日、佐久地域の被害状況及び必要な支援を把握するため、佐久市に職員を派遣し、佐久地域の被害概要を調査しました。佐久地域では、何れの市町村も被害が発生していますが、特に佐久市と佐久穂町の被害が深刻な状況です。
 このため、茅野市としては、当分の間、佐久市を対口支援(カウンターパート)方式で、災害対応業務全般の支援を実施することとしました。
 両市は、相互に情報交換をする中で、佐久市では、り災証明を発行するために必要な、住家の被害認定調査を10月18日(金曜日)から着手するとの連絡があったため、茅野市は、同日から職員を派遣することとしました。
 10月18日(金曜日)は、税務課長を含む6名の職員を派遣しました。また、調査は休日を含み実施される予定のため、19日(土曜日)以降も、継続的に職員を派遣する予定です。

担当課 防災課 電話72-2101(内線182.183)

職員派遣状況

  • 10月16日(水曜日) 2名(被害状況・必要な支援の調査)
  • 10月18日(金曜日) 6名(住家の被害認定調査)
  • 10月19日(土曜日) 5名(住家の被害認定調査)
  • 10月23日(水曜日) 2名(住家の被害認定調査)
  • 10月24日(木曜日) 2名(住家の被害認定調査)、2名(災害廃棄物の調査)
  • 10月25日(金曜日) 3名(公共土木施設等被害状況確認・職員派遣の調整)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>