ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 施設案内 > 環境・衛生関連施設 > 10月1日から資源物の分別方法が変わります

10月1日から資源物の分別方法が変わります

令和3年(2021年)10月1日から、資源物の分別方法が変わります。

分別収集の変更点

プラスチック製品の分別収集が始まります

これまで可燃ごみとして取り扱っていたプラスチック製品(プラスチック製のおもちゃ、CDケース、歯ブラシなど)を「その他プラスチック」として分別収集します。

「その他プラスチック」として回収するものは、茅野市指定の可燃ごみ専用袋に入る大きさのものです。指定袋に入らないものは、「不燃物」として、諏訪南リサイクルセンターに持ち込んでください。(手数料が10 kgあたり200円かかります。)

缶類の分別が3種類になります

缶の分別が、「アルミ缶」「スチール缶」「スプレー缶」の3種類になります。
スプレー缶は使い切り、穴を開けずに出して下さい。

化粧品の「びん」について

これまで「不燃物」として取り扱って化粧品のびんは、「びん類」に分別して出して下さい。

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>