ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

縄文文化月間

例年、八ヶ岳縄文の里マラソン開催日前後から縄文まつり開催日前後まで、縄文に関連したさまざまなイベントを開催します。

令和元年度(2019年度)で10回目を迎えました。

令和元年度(2019年度)に開催したイベント

尖石縄文考古館で開催したイベント

尖石縄文考古館の縄文文化月間中の無料開館日

9月8日(日曜日)は国宝「土偶」(縄文のビーナス)誕生日(出土日)のため、無料開館いたしました。

9月8日(日曜日)、尖石縄文考古館は毎年無料開館しています。この日は、午前10時30分と午後14時からの2回、館長によるギャラリートークを開催いたします。国宝「土偶」(縄文のビーナス)にまつわる館長ならではのギャラリートークです。

尖石縄文考古館学習コーナーミニ展示「センス抜群!縄文ファッションショー!」

縄文人はどんな服装をしていたの?土偶を観察してみると服装やアクセサリー、素敵な髪型で着飾っています。細かに表現されたその装飾から当時の人々のファッションが想像できるのではないでしょうか。普段は見ることのできない後姿も観察して当時のファッションを想像してみてください。

レプリカ展示

なお、展示している土偶は当館所蔵のレプリカです。撮影は禁止ですので、ご理解ご協力をお願いいたします。
会期:9月14日(土曜日)~

第13回八ヶ岳縄文の里マラソン大会 (終了しました)

開催日:9月8日(日曜日)
尖石縄文考古館がスタート及びゴール地点となります。周辺道路は交通規制がかかりますので、バスの運行状況も併せてご確認ください。

なお、この日は尖石縄文考古館は無料開館しています。

縄文を楽しむ教室2 「縄文風のペンダントを作ろう」 (終了しました)

穴あきの高麗石を使ってペンダントヘッドを作ります。柔らかい高麗石を使っても加工するのはなかなか大変な作業です。縄文人は硬いヒスイを加工していたというから驚きです。

ペンダントづくりの様子 やすりを使って石を削り、ペンダントにしました。

開催日:9月14日(土曜日)午後1時~午後3時
定員10名、要申し込み(申込受付は8月13日(火曜日)~9月8日(日曜日)です)
受講料1000円
持ち物:汚れてもいい服装

縄文を楽しむ教室3 「土器文様の拓本のしおりを作ろう」 (終了しました)

茅野市内の遺跡から出土した土器片を観察して、拓本を取り、ラミネート加工してしおりを作ります。

拓本作り 本物の土器から拓本をとりました。 

開催日:9月22日(日曜日)午前10時~午前11時30分
定員10名、要申し込み(受付は8月20日(火曜日)~9月16日(月曜日)です)
受講料:1,000円
持ち物:汚れてもいい服装

縄文文化大学講座「縄文時代の食を探る」

昨年度の尖石縄文文化賞受賞者の西野雅人さんを講師に迎え、ご自身の研究成果をわかりやすくお話ししていただきます。どなたでも無料で受講できます。

西野雅人さん西野雅人氏

開催日:12月7日(土曜日)午後1時30分~午後3時
※台風19号の影響により開催日時が変更となりました。

講師:西野雅人さん(千葉市埋蔵文化財調査センター所長、第19回尖石縄文文化賞受賞者)

入場無料、申し込み不要です。
※館内の展示をご覧になる場合は観覧料が必要となります。

茅野市5000年 尖石縄文まつり(終了しました)

開催日:10月13日(日曜日)午前9時~

尖石縄文考古館と史跡公園周辺でさまざまな体験型イベントが楽しめます。

詳しくは「茅野市5000年 縄文まつり」のページをご覧ください。

 

茅野市図書館で開催しているイベント

企画展示「長野県宝指定縄文土器写真展 あれもこれも47点」

会期:8月24日(土曜日)~11月21日(木曜日)

場所:茅野市図書館1階正面入り口

内容:縄文文化月間に合わせて、縄文についての本や茅野市内の遺跡の本を展示・貸出ししています。また、長野県宝に指定された土器、47点をパネル展示し、お気に入りの土器に投票してもらう「推し土器 総選挙」を9月23日(月曜日)まで開催していました。詳しくは茅野市図書館のホームページをご覧ください。         

地図情報

茅野市尖石縄文考古館

391-0213 長野県茅野市豊平4734-132
電話 0266-76-2270

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>