ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 茅野市子育て・子育ち応援サイト > 茅野市子ども会育成モデル事業補助金

茅野市子ども会育成モデル事業補助金

市内における子ども会の健全な活動を促進するため、他の子ども会のモデルとなるような特色があり、子どもの主体性を発揮できる事業を行う子ども会育成会に、市が補助金を交付しています。

当モデル事業の実施にあたっては、茅野市子ども会育成連絡協議会もサポートしています。

対象となる事業

  1. 子どもたちの主体性及び創造性が発揮できる事業
  2. 子ども会の育成者及び指導者に対する理念を啓発普及するための事業
  3. 既存の育成会組織の機能及び体制の強化を図る事業
  4. 地域の文化活動及び学習活動に関する事業
  5. 自然体験もしくは生活体験の実施またはスポーツ・レクリエーション活動に関する事業
  6. 新たに育成会を設置する事業

申し込みについて

子ども会育成モデル事業実施要望書をご記入のうえ、市役所6階南側の68番窓口、こども部こども課こども係まで提出してください。

子ども会育成モデル事業実施要望書は下記からダウンロードできます

提出期限

2019年度の要望書提出期限は5月22日(水曜日)です。要望書に添付した記入例を参考にして記入してください。

申請の流れ

5月22日(水曜日)まで

(育成会)要望書の提出

6月中旬

(市)要望事業の審査、対象事業の決定、内示書の送付

6月下旬まで

(育成会)補助金交付申請書の提出
補助金交付申請書は下記からダウンロードできます
補助金交付申請書(入力用) [Excelファイル/69KB]
補助金交付申請書(手書き用) [PDFファイル/71KB]

7月上旬

(市)補助金交付決定書の送付

事業の実施・完了

事業完了30日以内に

(育成会)実績報告書の提出
実績報告書はこちらからダウンロードできます

補助金のてびき

補助金のてびきを作成しました。手引きはこちらからダウンロードできますので事業活用の参考にしてください。

子ども会育成モデル事業補助金のてびき [PDFファイル/220KB]

子ども会育成モデル事業Q&A

Q1.どんな事業がモデルとなりますか?

A1.茅野市では「子どもが主役の子ども会」を目指していますので、「子どもが主役」となる事業が望ましいと言えます。

具体的に言うと、大人が企画した行事にただ参加するだけでなく、行事の準備段階(スケジュール決め、メニュー決め、チラシ作り、買い物等)から子どもたちが参加したり、行事当日の役割分担を決め行事の進行に子ども達が関わる事業はモデル事業となり得ます。

Q2.補助金の額と補助対象経費を教えてください。

下表のとおりです。

補助対象経費及び補助率
区分 補助対象経費 補助率

地区子ども会育成会の行う事業

諸謝金、旅費(参加者旅費は除く。)消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、会議費、借料及び損料。ただし、備品の購入等に要する経費は、対象としない。

2分の1以内で15万円を限度とする。

単位子ども会育成会の行う事業

10分の7以内で5万円を限度とする。

他団体との共催事業でも構いませんが、対象経費となるのはあくまで子ども会育成会の支出のみです。

Q3.具体的にどんな事業が対象となったの?

過去の補助金交付事例をご紹介いたします。

震災対策と姉妹都市交流
震災対策としての宿泊体験で煙体験や炊き出し訓練を行った。スケジュール・食事のメニュー・役割分担等の企画を、リーダースクラブのシニアリーダーのサポートを受け、子ども達を中心に考えた。当日の進行も子ども達に任せ、失敗もあったが良い経験となった。

大人と子どものふれあい研修
6年生が中心となって打ち合わせを行い、申請書の提出も子ども達が行った。当日は子どもたちによる合唱、手作りソーセージを作った後は、BBQを楽しんだ。子どもが主体的にできるように大人達も一生懸命にサポートした。

Q4.同じ事業で複数年続けてモデル事業として対象になりますか?

A4.3年を超えて同じ形態で行う事業を申請いただいた場合、対象にならないことがあります。子どもたちが準備段階から参加する形態に切り替えるなどしてはいかがでしょう。

Q5.どんな行事をしたらいいかわかりません。

新たに行事を増やす必要はありません!今ある行事を子どもに任せるだけでモデル事業になり得ます!

子ども会育成会の主催事業だけでなく、例えば地区全体の行事について、その一部を子ども達に任せるだけでもモデル事業になり得ます。地区の区長・公民館長などの役員さん方と相談されてはいかがでしょう。「地区全体で子どもたちを育てる」という意識を持ってもらうためにも、ぜひ取り組んでいただきたいものです。
(その場合も、あくまで子ども会育成会の支出のみが補助対象事業費となります。)

Q6.子ども達に企画から任せるといってもどうやったらいいかわかりません。

役員さん方もどうすればいいか不安だと思います。そんな時は、茅野市子ども会育成連絡協議会が、子ども達が企画段階から参加できるよう、役員さん方をサポートすることもできます。実際に、子ども会のサポートをし、子ども達に企画段階から参加してもらった実績があります。お気軽に茅野市子ども会育成連絡協議会事務局(こども課こども係)までご連絡ください。

茅野市子ども会育成連絡協議会については、こちらからご覧いただけます

『子どもが主役の子ども会を応援するよ!!』
ちーぼ

茅野市子ども会育成連絡協議会マスコットキャラクター
ちーぼ

※すべての事業費が補助金の対象になるわけではありませんので、要望・申請の際はご注意ください。詳しくは補助金のてびきをご確認ください。

※エクセル入力用にて作成された場合、提出につきましてはお手数をおかけしますが、作成した様式をプリントアウトしていただき紙ベースでの提出をお願いします(必ず押印願います)。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 茅野市公式フェイスブック<外部リンク>
  • 茅野市公式インスタグラム<外部リンク>
  • ビーナネットChino<外部リンク>