このページの本文へ移動

縄文風の小屋を作ってみよう!

2018年8月24日登録

お知らせ

「カヤ葺き屋根職人さんと縄文風の小屋を作ってみよう!」いよいよ小屋も完成です。

 

5月から座学を行い、月に2回のペースで組立てを行ってきた小屋づくりも、いよいよ大詰め。小屋づくり最終日の8月26日(日曜日)に完成予定です!

ご協力いただいた、カヤ葺き屋根職人さんや識る部会のみなさま、そして小屋づくりに参加していただいたたくさんの方々に感謝です。つきましては小屋の完成予定日、8月26日(日)に小屋のお披露目会を予定しています。考古館前の広場に立派に建つ縄文風の小屋をぜひ見に来てください。

 

お披露目会開催予定日: 8月26日(日曜日)10:30~雨天の場合は中止。

 詳しくは、茅野市尖石縄文考古館までお問い合わせください。

これまでの講座のようすは、縄文プロジェクト専用ホームページでご紹介しています。ご覧ください。


カヤ葺き屋根職人さんと縄文風の小屋をつくってみよう!

縄文プロジェクト「縄文」を識(し)る部会の事業として、部会員・カヤ葺き屋根職人さんを講師に縄文風の小屋作りを開催中です。作業の様子や徐々に完成に近づく小屋を紹介します!

 

小屋作り1 小屋作り2
夏休みに入ると、たくさんのお子さんが参加してくださいました。皆さん元気いっぱい、作業の手もはかどります。まとめて置いてあるカヤをみんなで運びます。
小屋作り3 小屋作り4
こちらではカヤの束をひたすら切ります。カヤ束の山ができています。小屋では職人さんの手さばきを見つめる子どもさん。厚いカヤを固定するため麻の紐を巨大な針に通しカヤに刺し、小屋の中にいる人へ声をかけます。「この辺でいい?」

小屋作り5 小屋作り6
小屋の中はこんな感じです。中から「もっと上、もっと右!」と指示をだして紐を受け取って結んでいくのですが、カヤが屋根近くまで葺かれ背伸びをしながらの作業です。

申し込み不要のため、毎回初参加の方がいます。職人さんの手つきに皆さん興味津々です。小屋作り7 小屋作り8
職人さんが何やら支持を出しています。めったにできないカヤ葺き体験に、皆さん積極的に参加していただいて、だいぶカヤも厚く葺けてきましたが、完成にはまだまだのようです…。

小屋づくり9   小屋づくり10 

8月26日(日曜日)の完成をめざし、実はお盆返上で職人さんがせっせと作業を進めてくださいました。あの暑さのなか、もくもくと作業する姿はまさに職人です。8月に入ると夕方には激しい雷雨となる日もあり、大変な天気の中作業を進めてくださいました。

いよいよ8月26日(日曜日)、縄文風の小屋が考古館前広場に完成します!しっかりとした骨組みと、厚く葺かれたカヤ。縄文時代の人々と同じように、自然への感謝を感じながら一から作り上げた縄文風の小屋をぜひ見に来てください!

 

 

 

 

 

地図情報

茅野市尖石縄文考古館

391-0213 長野県茅野市豊平4734-132
電話 0266-76-2270
メール togariishi.m@city.chino.lg.jp


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 尖石縄文考古館
〒391-0213
茅野市豊平4734-132
電話番号:0266-76-2270 FAX番号:0266-76-2700
メールアドレス:togariishi.m(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。