このページの本文へ移動

縄文風の小屋を作ってみよう!

2018年7月5日登録

お知らせ

「カヤ葺き屋根職人さんと縄文風の小屋を作ってみよう!」を開催中です。

 

一回だけの参加もOKの、申込不要、参加無料の講座です。

当日準備をして時間までに考古館の玄関前に集合してください。ご家族、お友達との参加も大歓迎です。ただし、小学生の方は大人の方と参加してください。

開催予定日:7月8日(日曜日)、7月25日(水曜日)、8月8日(水曜日)

                 8月26日(日曜日)いずれも雨天の場合は中止。

 

詳しくは、茅野市尖石縄文考古館までお問い合わせください。

これまでの講座のようすは、縄文プロジェクト専用ホームページでご紹介しています。ご覧ください。


カヤ葺き屋根職人さんと縄文風の小屋をつくってみよう!

縄文プロジェクト「縄文」を識(し)る部会の事業として、部会員・カヤ葺き屋根職人さんを講師に縄文風の小屋作りを開催中です。作業の様子や徐々に完成に近づく小屋を紹介します!

2回目から4回目までのカヤ葺きの様子をご紹介します。 

小屋作り1 小屋作り2
いよいよカヤ葺き開始です。まずは職人さんにお手本を見せてもらいます。骨組みにのせたカヤを、細長い木(押木)と紐を使って固定します。
小屋作り3 小屋作り4
「針をさすよ。気を付けて~」「あ、でてきたよ!もう少し上がいいかな~」。

長さ1mほどの大きな針に紐を通して、カヤに突き刺して小屋の中の人に紐を渡しているところです。小屋の中で受け取った紐を骨組みに一回転させて、外の人が針を引き抜いてカヤを固定していきます。小屋の中と外で声を掛け合い、連係プレーで進めていきます。
小屋作り5 小屋作り6
左の写真は一段目のカヤを葺いたところです。縄文ぽくなってきました!

日曜日に開催した小屋づくりではなんと!県外のお客さんが飛び入りで参加してくれました。考古館の開館時間までお手伝いしていただきました。感謝!
小屋作り7 小屋作り8
足場に乗ってカヤを葺いていきます。格好も随分と様になってきました。

職人さんが裾を整え2段目のカヤも何とか葺き終わりました。だんだんと屋根が仕上がってきました。

小屋づくり9   小屋づくり10 

雨天中止の小屋づくりですが、8月26日の完成を目指してこの日は小雨の中作業を進めました。平日のため、少人数での作業です。カヤの固定、足場づくりなど一人で様々な作業を行わねばならず、内容の濃い半日でした。

小屋づくり13 小屋づくり14       もとの骨組みはこんな感じです。厚く葺くカヤの重さに耐えられるよう、しっかりと作ってあります。さて、いよいよ小屋づくりも折り返しです。

現在は、カビや腐食を抑えるために養生シートで覆っています。完成に近づく小屋が見えないのが残念ですが、シートの下が気になる方はぜひ、夏休みに小屋づくりに参加してみてください!

 

 

 

 

 

 

地図情報


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 尖石縄文考古館
〒391-0213
茅野市豊平4734-132
電話番号:0266-76-2270 FAX番号:0266-76-2700
メールアドレス:togariishi.m(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。