このページの本文へ移動

縄文文化月間

2017年8月27日登録

9月10日(土曜日)から11月3日(木曜日、文化の日)まで、縄文に関連したさまざまなイベントを開催します。平成28年度で8回目となります。

平成28年度の開催予定イベント

尖石縄文考古館で開催するイベント

尖石縄文考古館の縄文文化月間中の無料開館日

9月10日(土曜日)、9月11日(日曜日)、11月3日(木曜日)


尖石縄文考古館ロビーミニ展示「TOTTEもJOMON」

縄文土器を見ていると、何だか手や指が入りそうな「わっか」があり、「取っ手かな?」と思ってしまいます。でも、取っ手のように持ったら壊れてしまいそう…とも思えます。
このロビー展ではそんな不思議な土器を紹介します。

聖石遺跡出土の手提げバッグのような土器 聖石遺跡出土の手提げバッグのような土器

会期:9月10日(土曜日)~11月3日(木曜日)


第10回八ヶ岳縄文の里マラソン大会

開催日:9月11日(日曜日)(エントリー受付はすでに終了しています。)

尖石縄文考古館がスタート及びゴール地点となります。なお、この日は尖石縄文考古館の無料開館日です。


縄文ゼミナール「東京湾沿岸の「貝塚文化」を支えた人々と生産活動」

八ヶ岳山麓などの内陸部と深い関係をもっていた海浜部の生業について、東京湾沿岸の新しい研究成果を踏まえて紹介していただきます。

開催日:9月17日(土曜日)午後1時30分~午後3時

講師:西野雅人さん(千葉市教育委員会千葉市埋蔵文化財センター)

申込不要、受講無料(資料がある場合、資料代100円)


ナイトミュージアム

誰も見たことのない夜の考古館。普段とは違う夜の博物館を館長の案内でめぐります。

開催日:9月17日(土曜日)午後7時~午後8時

定員:25名(要申込み、通常入館料が必要です。)


縄文を楽しむ教室「小さい仮面の女神を作ろう」

粘土1キログラムを使って、高さ20センチメートル弱の仮面の女神を作ります。

開催日:9月18日(日曜日)午前10時~午後3時
定員20名、要申込み(申込受付は8月18日(木曜日)から開始しています)
受講料800円


縄文ゼミナール特別編「縄文時代のマメ栽培化過程の解明 縄文時代の食物革命」

近年、縄文時代に栽培した可能性が議論されているマメ科植物についての研究発表会と、縄文食の試食や、土器に残されたマメの痕跡をレプリカ法で取り出すワークショップを開催します。

開催日:
(一日目)9月24日(土曜日)午前9時~縄文食調理と試食、午後2時~ワークショップ
(二日目)9月25日(日曜日)午前10時~研究発表会

場所:(一日目)青少年自然の森、(二日目)尖石縄文考古館

定員:縄文食調理と試食が50名(要申込み)、ワークショップが30名(要申込み)、研究発表会は定員ありません(申込も不要です)

参加費:縄文食と調理のみ材料費1000円です。ワークショップと研究発表会は無料です。


縄文風の小屋を作ってみよう!

7月に開催して好評だった「縄文風の小屋作り」をまたやります。飛び入り参加OKです。

開催日:10月9日(土曜日)午前9時~正午(雨天中止)

場所:尖石縄文考古館前広場(または史跡公園尖石地区)

申込不要、参加無料

持ち物:軍手、作業しやすい服装、マスク


縄文検定 初級・中級

おなじみになった縄文検定をします。縄文博士を目指してチャレンジしてみませんか。合格したら1年間の無料入館券を進呈します。無料で受検できます。

開催日:10月15日(土曜日)午後1時~

定員:20名(要申込み、中級は昨年度までの初級合格者が受けられます)


どんぐりみつけてあそびましょ!

史跡公園にはどんぐりやクリなどをたくさん植えています。秋にはたくさんの木の実が落ちています。そんなどんぐりを拾ってみませんか。拾ったどんぐりは考古館の体験コーナーで活用しますが、そのどんぐりと交換で縄文風写真立てをつくるミニ体験学習をします。無料で参加できます。

開催日:10月23日(日曜日)午前9時30分~正午(雨天中止)

定員:20名(要申込み)

持ち物:帽子、軍手、拾ったどんぐりを入れる袋


縄文文化大学講座「縄文社会を読み解く視点 土器文様・技術と胎土から」

昨年度の尖石縄文文化賞受賞者の水沢教子さんを講師に迎え、ご自身の研究成果をわかりやすく講演します。無料で受講できます。

開催日:11月3日(木曜日)午後1時30分~午後3時

講師:水沢教子さん(長野県埋蔵文化財センター主任調査研究員、第16回尖石縄文文化賞受賞者)


八ヶ岳総合博物館で開催するイベント

縄文人が見た星空

縄文文化の中心地として八ヶ岳山麓に多くの人々が生活していたおよそ5000年前。その頃の星空は実は今と違っていました。どんな星空だったのか?気になる人は八ヶ岳総合博物館へ!

開催期間:9月10日(土曜日)~11月3日(木曜日)(9月23日、10月11日~17日は休館します)

八ヶ岳総合博物館ロビーにて常時放映します。

なお、八ヶ岳総合博物館の館内展示をご覧になるには、通常入館料が必要です。

縄文人が見た星空 縄文人が見た星空


茅野市文化センター(茅野市公民館)で開催するイベント

縄文文化講座「茅野市の縄文を語る」
  • 9月15日(木曜日)午後7時~8時30分 第1回「土偶の造形とその意味」 講師:鵜飼幸雄
  • 9月29日(木曜日)午後7時~8時30分 第2回「駒形遺跡における最新調査から」 講師:塩澤恭輔
  • 10月6日(木曜日)午後7時~8時30分 第3回「流通・交流の場 棚畑遺跡」 講師:守矢昌文

定員:30名(要申込み、受講無料)

受講資格:市内在住者、在勤者、在学者

お問い合わせ、お申し込みは、茅野市文化センター(茅野市公民館、電話0266-72-3266)までお願いいたします。


茅野市図書館で開催するイベント

「茅野駅東口に新しいシンボル誕生!! 国宝土偶の縄文のビーナス、仮面の女神像ができるまで」

10月10日(月曜日)まで、展示しています。


市民の森(米沢の吉田山)で開催するイベント

平成28年度薪づくり講習会

森の恵みを有効活用しよう! つくった薪はお持ち帰りいただけます!!

開催日:10月23日(日曜日)午前9時~午後3時ごろまで(雨天の場合は、翌24日に順延します。)

定員:30名(要申込み、受付期間は10月3日~10月14日までです。)

参加費:1500円

参加資格:市内在住、在勤、在学の成人のかた(一世帯二人まで)

お問い合わせ、お申し込みは茅野市役所農林課林務係までお願いします(電話72-2101)。


 

地図情報


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 尖石縄文考古館
〒391-0213
茅野市豊平4734-132
電話番号:0266-76-2270 FAX番号:0266-76-2700
メールアドレス:togariishi.m@city.chino.lg.jp