このページの本文へ移動

縄文ゼミナール

2018年5月11日登録

平成30年度縄文ゼミナール

平成30年度の縄文ゼミナールは、6月9日(土曜日)スタートします!

縄文時代と聞いて、思い浮かべるものは土偶だったり土器だったり黒曜石の矢じりだったり、年代のことや食べ物のことなど、人それぞれいろいろとあると思います。そして、さまざまな書籍や図録には、そうした縄文時代像がときにやさしく、ときに詳しく書かれています。

頭に思い浮かぶ縄文時代像や書籍に記される縄文時代像は、当たり前のことですが、遺跡の発掘調査や研究成果に基づくものです。今年度の縄文ゼミナールは、そうした縄文時代像に多大な影響を与えてきた遺跡について語っていただきます。皆様のご聴講お待ちしています。

先着80名、申込不要、受講無料(資料代100円)です。


重要なお知らせ

縄文ゼミナールについてメールでのお問い合わせにつきまして、gmail(@マークの次がgmail.comとなっているメール)の場合、こちらからの返信が迷惑メールに振り分けられることが多数発生しています。お問い合わせいただいた方にはご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


「縄文のタイムカプセル鳥浜貝塚の今昔」

日時:平成30年(2018年)6月9日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:小島秀彰さん(若狭三方縄文博物館学芸員)

「釈迦堂遺跡の発掘とその成果」

日時:平成30年(2018年)8月4日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:一瀬一浩さん(釈迦堂遺跡博物館学芸員)

「三内丸山遺跡について」(タイトル未定)

日時:平成30年(2018年)9月1日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:岡田康博さん(青森県庁企画政策部世界文化遺産登録推進室室長)

「神子柴(みこしば)遺跡について」(タイトル未定)

日時:平成30年(2018年)10月27日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:堤隆さん(御代田町浅間縄文ミュージアム館長)

「北村縄文人とその暮らし」

日時:平成30年(2018年)11月10日(土曜日)午後1時30分~午後3時
場所:尖石縄文考古館ガイダンスルーム
講師:平林彰さん(長野県埋蔵文化財センター調査部長)
 

地図情報


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 尖石縄文考古館
〒391-0213
茅野市豊平4734-132
電話番号:0266-76-2270 FAX番号:0266-76-2700
メールアドレス:togariishi.m(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。