犬を飼うときは

犬を飼うときは、飼い犬の登録と狂犬病予防注射をお願いします

  日本では、狂犬病の蔓延防止のために、狂犬病予防法により生後91日以上の犬は、生涯1回の登録及び毎年1回狂犬病の予防注射を受け、首輪には鑑札、注射済票をつけておかなければなりません。
 現在、犬を飼っている方でまだ登録のお済みではない方は、至急市役所にて飼い犬の登録をお願いします。登録の手続きは、市役所環境課(2階)で行ってください。その際、登録料1頭3,000円が必要になります。

 また、家に来る人や通行人によくわかるように、玄関前など見やすいところに犬の飼育表示(門票)をしてください。門票は登録時にお渡しいたします。

 狂犬病予防注射については、詳しくは「犬の狂犬病予防注射について」をご覧ください。

住所の移転や犬が死亡した時には、必ず市役所へ連絡してください。

 茅野市内での転居または譲渡の場合は、「犬の登録事項変更届」を提出してください。登録番号は変わりません。

 市外から転入または譲渡の場合は、「犬の登録事項変更届」を提出してください。その際、旧市町村が発行した鑑札(旧鑑札)をお持ちください。旧鑑札と交換で茅野市の鑑札を交付します。旧鑑札を紛失してしまった場合は、鑑札の再交付となりますので、再交付手数料1頭1,600円が必要になります。

 市外へ転出または譲渡の場合は、新住所地の市町村役場で転入の手続きを行ってください。その際、茅野市が発行した鑑札をお持ちください。

犬の諸手続きに必要な書類等と手数料

手続き

必要書類

手数料
新規登録

犬の登録申請書(PDF文書)

犬の登録申請書(Word文書)

3,000円

鑑札再交付

犬の鑑札の再交付申請書(PDF文書)

犬の鑑札の再交付申請書(Word文書)

1,600円
市内での転居・譲渡等

犬の登録事項変更届(PDF文書)

犬の登録事項変更届(Word文書)

登録済みであれば無料
市外から転入・譲渡等

犬の登録事項変更届(PDF文書)

犬の登録事項変更届(Word文書)

旧市町村が発行した鑑札

旧鑑札有れば交換

無ければ、再交付1,600円

注射済票交付 注射済証(獣医師発行) 550円
注射済票再交付

犬の注射済票再交付申請書(PDF文書)

犬の注射済票再交付申請書(Word文書)

340円

死亡

犬の死亡届(PDF文書)

犬の死亡届(Word文書)

ながの電子申請サービス(パソコン)

ながの電子申請サービス(携帯電話)

ながの電子申請サービス(スマートフォン)

無料

  

 飼い犬が 行方不明になった・迷子の犬がいた場合

 飼い犬が行方不明になった・放れている犬を見た、または保護した場合は、至急、保健福祉事務所及び市役所へご連絡ください。


諏訪保健福祉事務所 食品・生活衛生課 電話57-2929
茅野市役所 環境課 公害衛生係 電話72-2101(内線265または264)

 

    
マナーを守りましょう

 犬やねこなどのペットを飼うことは素晴らしいことですが、その喜びと同時に飼い主としての責任が発生します。ペットの命に対する責任と社会に対する責任を自覚し、迷惑をかけないためのマナーの修得、最低限のしつけをしましょう。

【1】犬の鑑札や注射済票は必ず着ける
犬を飼う場合には、「飼い犬の登録」と「狂犬病予防注射の接種」が義務づけられています。また、犬には、犬の鑑札や注射済票を着けることも義務付けられています。これは、犬が逃げ出した際に飼い主を探す最も有効な手がかりとなるものです。飼い主がわからず処分されてしまう不幸な犬をこれ以上増やさないためにも、犬の鑑札や注射済票は必ず着けましょう。
 

【2】散歩中のフンは持ち帰る
犬に関する相談苦情の数が一番多いのが、フンの後始末についてです。最近、無責任な飼い主によって、道路や公園、田畑などが汚されています。よその家の庭はもちろん、公園や広場など公共の場所を汚さないようにすることは、犬を飼う人の当然のマナーです。
散歩や犬を連れて出かける場合は、自分の敷地内で排便をすませてから出かけるようにしましょう。外出の際は新聞紙やビニール袋などを常に持参し、もし犬がフンをしたなら必ず持ち帰りましょう。
 

【3】犬を放し飼いにしない
 放し飼いは、多くの人に迷惑をかけると同時に、犬にとっても交通事故などの危険がいっぱいです。必ず鎖でつないで飼いましょう。また、散歩の時もリードを離さないようにしましょう。
 

【4】むだ吠えをさせない
深夜や早朝の犬の鳴き声によって、睡眠不足等で困っている方が増えています。むだ吠えの原因を見極めて対応するなど、いずれも飼い主のきちんとした飼い方で改善することができます。
むだ吠えの原因としては
  ・飼い主の注意を引くため
  ・運動不足などによるストレス
  ・威嚇、恐怖のため(見知らぬ人がきたり、車が通ったりするとき)
などがあります。
 

【5】新しい犬を飼いたい方は、飼う前に必ず犬の特徴(体格・性格)を調べ、自宅で飼育できる犬を選んでください。

【6】家族と同様の愛情をもって終生世話をしましょう。

しつけ方教室なども行われています。正しいしつけ方やマナーを身につけましょう。市の広報等でお知らせします。
 

ダウンロード