このページの本文へ移動

トップページ 産業・ビジネス 「茅野市市制施行60周年記念冊子・動画」制作委託事業者の公募について

トップページ 行政情報 広報・広聴 ビーナチャンネル 「茅野市市制施行60周年記念冊子・動画」制作委託事業者の公募について

トップページ 募集情報一覧 「茅野市市制施行60周年記念冊子・動画」制作委託事業者の公募について

「茅野市市制施行60周年記念冊子・動画」制作委託事業者の公募について

2018年1月31日更新

市制60周年を記念して、これまでの先人達の取り組みにより作られた茅野市の歴史、文化、産業などの魅力を後世に伝えるとともに、この魅力を市内外に発信するシティプロモーションのツールとして制作する冊子及び動画をより訴求するための発想やデザイン性、技術を求めるものであることから、市内外問わず広く応募者を募り、複数の優れた提案の比較により受託候補事業者を選定することで事業の効果をより高めることができると考え、公募型プロポーザル方式により選定します。

応募される団体等は、下記、添付ファイルの募集要領及び、業務委託仕様書等をご確認の上、期限までにご応募ください。以下は募集要領の抜粋です。  

事業概要

1 市制施行60周年を記念した冊子制作に関わる業務

2 市制施行60周年を記念した動画制作に関わる業務

 委託内容

「茅野市市制施行60周年記念冊子・動画制作委託業務仕様書」のとおり

応募資格

本プロポーザルへの参加者は、次に掲げる要件を全て満たす者とします。

1 本プロポーザルの公告の日から契約日までの間において、茅野市指名停止措置要領(平成2年告示第45号)に基づく入札参加資格にかかる指名停止を受けている者でないこと。

2 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者でないこと。

3 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条に基づく更生手続開始の申立て及び民事再生法(平成11年法律第225条)第21条に基づく民事再生手続開始の申立てがなされている者でないこと。

4 茅野市暴力団排除条例施行規則第2条で規定する暴力団関係者ではないこと。

5 国税及び地方税等を滞納している者でないこと。

6  同等の冊子又は動画の受注実績があり、本委託業務を的確に遂行する能力を有していること。

募集及び選定の日程

募集要項配布期間

平成30年1月31日(水)から平成30年2月19日(月)まで

(平日のみ。時間は、午前9時から午後5時まで)

募集要項配布場所

茅野市企画部 地域戦略課 地域創生係
郵便番号391-8501 茅野市塚原二丁目61号 茅野市役所2
電話:0266-72-2101(内線232) FAX:0266-82-0234
及び、本ホームページ上

募集要項等に関する質問事項について

受付期間:平成30年1月31日(水曜日)から平成30年2月9日(金曜日)午後5時必着

受付方法:質問書に記入の上、Eメールに添付あるいはFAXにより提出すること。口頭による質問は受け付けない。

回答方法:平成30年2月15日(木曜日)までに参加者全員にEメールあるいはFAXにて回答する。

参加表明書の提出

提出期限:平成30年2月19日(月曜日)午後5時必着

提出方法:参加表明書により、電子メールまたはファックスで行うこと。

参加表明の辞退:参加表明書を提出後、本プロポーザルを辞退する場合は、辞退届を提出すること。

企画提案書等の提出

提出期限:平成30年2月23日(金曜日)午後5時必着

提出先:茅野市企画部 地域戦略課地域創生係(茅野市役所2階)

提出書類

1 提案者概要(任意様式)

2 企画提案書(任意様式)

3 見積書(任意様式)

4 同種又は類似事業の実績の内容が分かるもの(任意様式)

5 再委託調書(事業の再委託をする場合)

6 添付書類

 (1) 定款又は寄付行為(法人格を有していない場合は、規約等これに類する書類)

 (2) 登記簿謄本(法人格を有していない場合は、名称、所在地、設立年月日、代表者の氏名及び住所、目的、資産の総額を記載した書類)(提出の日において発行から3ヶ月以内のもの)

 (3) 申請日が属する会計年度の前年度の決算書類(事業報告書、賃借対照表、損益計算書等)

 (4) 提出部数

   正本1部、写し10部

 (5) 提出方法

   持参又は郵送とする(郵送の場合は、未着・遅延等が発生した場合、原因の如何を問わず市は責任を負わない。)。

契約候補者の特定方法

応募者の審査

提出された提案書を基に、「茅野市市制施行60周年記念冊子・動画」制作委託事業者選定委員会(以下「委員会」という)を設置のうえ、以下の項目について審査し、事業者を選定する。

なお、必要に応じて別途ヒアリングを行うことがある(ヒアリングを行う場合は、別途、日時、場所などを連絡する)。

選定の基準等

選定基準

評価項目

評価内容

事業者について

県内事業所の有無を評価する。

企画・制作コンセプトについて

企画が事業の趣旨に沿った要素を有する提案であるか評価する。

企画構成について

視聴者数の増加、認知拡大が見込めるような提案であるか評価する。

冊子・動画制作の企画構成について

撮影の手順や編集方針は適切な提案であるか評価する。

実施体制について

事業実施が円滑に進められる人員体制、制作手順か評価する。

ウェブサイトの企画構成について

ITを活かした先見性に基づく計画性と将来性を感じさせる提案か評価する。

ウェブサイトのデザイン性について

利用者が見やすく、使いやすいサイトか評価する。

類似事業実績について

過去10年間に同種・類似業務の実績から、事業遂行能力を評価する。

リスク管理能力

業務の実施に伴い発生したシステム障害等における迅速な復旧体制が確立されているか評価する。

見積額

適切な経費がとられているか評価する。

審査方法

1 委員会において、提案書による書類審査及びプレゼンテーションによる審査を行うこととする。

2 プレゼンテーションでは、提案書の内容を審査員に説明し、質疑を行う。

3 プレゼンテーションの時間、場所等の詳細については、該当申請者に対して書面で通知する。

4 プレゼンテーションは、1事業者につき、内容説明10分程度、質疑応答10分程度の計20分程度を予定する。

5 審査結果は、提案書を提出した応募者全員に対して通知する。

提案の失格

1 虚偽の内容が記載されたとき。

2 本実施要領に定められた以外の方法により、審査員又は関係者にプロポーザルに対する援助を直接的、間接的に求めたとき。

3 提案者が他の提案の代理を行ったとき。

4 提案に際して、談合等の不正行為があったとき。

5 本業務仕様書に違反する提案を行ったとき。 

契約

委員会による審査において選定された事業者は、市による最終決定の後、随意契約の相手方として、速やかに本市と契約内容に関する調整を行う。ただし契約締結時までに参加資格に該当しなくなった場合は契約しないこととし、この場合は、市は一切の損害賠償を負わない。 

その他 

1 提案者が1者であっても、本プロポーザルは実施し、審査の結果、事業を適切に実施できると判断された場合には、当該提案者を受託候補者として選定する。

2 プロポーザルの参加に要する経費については、応募者の負担とする。また、提出書類は返却しない。

3 プロポーザルの審査内容に関しては、一切公表しない。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 地域戦略課 地域創生係
〒391-8501
茅野市塚原二丁目6番1号
電話番号:0266-72-2101(内線232・233) FAX番号:0266-82‐0234
メールアドレス:c.senryaku(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。

ページの先頭へ