このページの本文へ移動

八ヶ岳通信

2018年1月16日更新

八ヶ岳通信のバックナンバーを掲載しています。

■No.35(2017年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・高島藩主諏訪家廟所が国史跡に指定
・モバイルプラネタリウム公開スタート/田中茂の素晴らしき蝶コレクション
・茅野市ミュージアム活性化事業
・「かるた」で識る茅野市の縄文
・真田家と諏訪

■No.34(2016年3月31日)   PDFはこちらからご覧ください。

・尖石縄文考古館ホームページリニューアル
・宮崎龍介・柳原白蓮と蓼科
・茅野市ミュージアム活性化事業
・守矢真幸と武井真澄

■No.33(2015年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・国宝 中ツ原遺跡出土の仮面土偶
・こて絵の世界/北八ヶ岳のコケ/九頭井太夫文書
・茅野市ミュージアム活性化事業
・国史跡駒形遺跡発掘調査
・守矢文書にみる室町時代の古文書

■No.32(2014年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・新発見!永明寺山古墳
・茅野市ミュージアム活性化事業
・市民研究員養成講座
・中ッ原遺跡が語る八ヶ岳山麓縄文文化の変化
・企画展「守矢真幸と岩波茂雄」

■No.31(2013年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・茅野市ミュージアム活性化事業
・企画展「諏訪の災害」「かこさとし」
・特別展「聖石遺跡展」
・史跡整備に向けて
・諏訪社と鹿

■No.30(2012年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・茅野市美術館「地域をみつめるプロジェクト」<対話>
・茅野市尖石縄文検定 第1回(中級)、第2回(初級)開催
・新井下遺跡見学会/駒形遺跡調査成果
・守矢真幸の書
・日本列島の誕生と災害

■No.29(2011年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・企画展「茅野市の古代~縄文時代と現代を繋ぐもの~」
・藤森照信展 諏訪の記憶とフジモリ建築
・文化財の「保存処理」
・守矢史料館開館20周年
・茅野市尖石縄文検定(初級)開催

■No.28(2010年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・大英博物館「THE POWER OF DOGU」に土偶出典
・守矢文書にみる御柱祭
・エーヨー節・天子節茅野市無形文化財に指定
・中尾彰~津和野・東京・蓼科~展
・企画展「諏訪鉄山」

■No.27(2009年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・尖石縄文考古館と市民の活動
・県天然記念物ミヤマシロチョウの保護活動
・茅野市美術館 地域をみつめるプロジェクト
・信濃の武将たち/幕末の諏訪/丑年の古文書

■No.26(2008年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・総合博物館創立20周年を迎えて
・信玄と諏訪~信玄が諏訪に遺したもの~
・津金孝邦展 いのちの河
・縄文人のアクセサリー 土製耳飾り
・平成19年度の発掘調査(阿弥陀堂遺跡)

■No.25(2007年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・諏訪と武田信玄
・特別展「山田恭子のボタニカルアート」
・永明中グラウンド遺跡の発掘調査
・美術館のこの一年
・資料紹介 中ッ原遺跡出の浅鉢形・鉢形土器
・仮面の女神 重要文化財指定イベント

■No.24(2006年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・茅野市美術館移転オープン
・矢崎虎夫・原天明 水墨画と俳句がおりなす世界
・平成17年度の遺跡発掘調査(上の平遺跡・中島遺跡・上原城下町遺跡)
・長峯遺跡の有孔鍔付土器
・元祖野蛮ギャルド建築~藤森照信の世界~

■No.23(2005年3月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・「仮面の女神」が県宝に指定されました
・平成16年度遺跡発掘調査(芥沢遺跡・荒玉社周辺遺跡・中原遺跡)
・河内晋平と八ヶ岳火山列 登った調べた40余年
・茅野市美術館委員展
・御柱祭と守矢文書

■No.22(2004年3月29日)  PDFはこちらからご覧ください。

・元旦博物館まつり
・芥沢遺跡の発掘調査
・尖石遺跡の試掘調査
・絵画教室の魅力
・中世の茶~守矢文書と考古資料から語る歴史~

■No.21(2003年3月28日)  PDFはこちらからご覧ください。

・坂本養川コーナー開設
・尖石縄文まつり '02
・中ツ原縄文公園竣工おんばしら特集
・「小堀四郎」洋画作品15点
・守矢文書と前宮周辺~守矢文書と考古資料から語る歴史~

■No.20(2002年3月28日)  PDFはこちらからご覧ください。

・「縄文のビーナス」と「仮面の女神」展示
・やってみませんか?博物館ボランティア
・平成13年度市内で見つかった埋蔵文化財特集
・絵本原画展「14ひきの雑木林」
・企画展「守矢文書と鉄鐸~誓いの鐸」

■No.19(2001年2月28日)  PDFはこちらからご覧ください。

・縄文時代後期大型仮面土偶、出土
・住民参加型の博物館を目指して
・八ヶ嶽岳麓文芸館開設される
・平林舟鶴遺墨展
・武田氏の「龍朱印状」

■No.18(2000年3月1日)  PDFはこちらからご覧ください。

・平成11年度の発掘成果(中ツ原遺跡)
・断層~発見 動く大地~
・CHINO JAPAN 好評のうちに終わる
・ふるさとの祭を描いた洋画家 五味保展
・順調に進む尖石考古館建設
・守矢文書にみる「贈答」の歴史

■No.17(1998年7月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・市制40周年・開館10周年「Longmont USA」開催
・茅野市施行40周年記念展「中川一政とゆかりの郷土作品展」
・八ヶ岳総合博物館内に尖石考古館展示室を開設/尖石考古館お別れ記念式典
・平成10年度の発掘成果~鬼場城跡
・甲州武田氏と諏訪

■No.16(1997年12月16日)  PDFはこちらからご覧ください。

・田中一男伯「枯野」、「雪国」市へ寄贈
・信濃美術移動展
・縄文ロマンを体験する
・新尖石考古館の建設に伴う業務のお知らせ
・平成9年度民俗展「駒の里~愛馬とともに」
・平成9年度の発掘調査~聖石遺跡~
・企画展「守矢文書に見る諏訪地方の災害」

■No.15(1996年12月25日)  PDFはこちらからご覧ください。

・特別展「縄文のビーナスたち」/井沢元彦氏講演会
・平成8年度特別講演会「赤彦と八ヶ岳山麓の短歌文化活動について」
・幕末維新の守矢文書
・解明される茅野市の原始・古代~平成8年度発掘調査~(梨ノ木遺跡・家下遺跡)

■No.14(1995年11月30日)  PDFはこちらからご覧ください。

・第7回研究・創意工夫展
・美術館常設展後期始まる/移動美術館開催
・尖石遺跡から土偶出土
・平成7年度の発掘調査概要(新井下遺跡・北山菖蒲沢A遺跡・梵天原遺跡)
・守矢史料館展示室から~資料紹介~

■No.13(1995年7月17日)  PDFはこちらからご覧ください。

・最古の国宝「縄文のビーナス」
・堀内康久写真展「水面下」諏訪湖流域の魚たち
・地恩師美術館委員展(3)
・茅野市内の文化財~平成6年度の指定文化財(葛井神社)~
・企画展「守矢家の書画」

■No.12(1994年10月31日)  PDFはこちらからご覧ください。

・稲作と養蚕 明治・大正・昭和の農具~民俗資料収蔵品展開催~
・市役所前のモニュメント/下ノ原遺跡出土の土器
・平成6年度文化財調査室の事業(広出遺跡・家の下遺跡・稗田頭A遺跡)
・美術館常設展入れ替え 10月より新展示
・第14回小中学生作品展

■No.11(1994年7月29日)  PDFはこちらからご覧ください。

・郷土と蓼科ゆかりの洋画家展~山・高原・林~
・写真展「諏訪の鳥たち~多様な環境に生きる~」
・新収蔵・展示縄文土器/縄文土器製作教室開催
・第3回企画展「守矢文書と中世の饗膳」

■No.10(1994年2月28日)  PDFはこちらからご覧ください。

・尖石遺跡発掘の歩み室
・常設展に遊びにおいでよ/美術館は興(おも)しろい
・山浦地方の汐開削の功労者坂本養川を偲ぶ
・守矢文書の整理が進む~約1500点の史料を確認~

■No.9(1993年10月15日)  PDFはこちらからご覧ください。

・着る~民俗資料収蔵品展開催~
・尖石周辺の考古学調査
・ちょっとお出かけ あなたは何を持って?スケッチ講座から
・神長守矢満実・頼真と山城 

■No.8(1993年2月27日)  PDFはこちらからご覧ください。

・行ってみよう、やってみよう!最近、美術館へ行きましたか
・坂本養川~山浦地方の汐開削の功労者~
・姿を消す元尖石考古館~40年の歴史に幕~
・牛乳パックで紙すきをやってみよう

■No.7(1992年10月15日)  PDFはこちらからご覧ください。

・尖石遺跡の整備~遺跡の追加指定へ~
・蓼科の洋画家展(3)山と高原の心象風景「田村一男展」
・いろいろな布の原料~民俗資料収蔵品展開催~
・諏訪大明神画詞

■No.6(1992年2月17日)  PDFはこちらからご覧ください。

・冬こそ外へ見に行こう!自然観察のすすめ
・尖石遺跡整備委員会が発足
・縄文土器製作教室
・企画展「宮 芳平 回顧展」
・寒さを生かす 「寒天」づくり

■No.5(1991年10月15日)  PDFはこちらからご覧ください。

・茅野市美術館企画展「小堀四郎展」
・「尖石遺跡」の発掘調査~調査の成果~
・温もりを伝える暮しの小物~民俗資料収蔵品展開催~
・守矢文書について
・山からのたより(秋)おいしいキノコの季節です

■No.4(1991年3月15日)  PDFはこちらからご覧ください。

・博物館で遊んで学ぼう~博物館活用指定学級・遊学教室から~
・今後の美術館に求められるもの~魅力的な空間づくりの模索
・「尖石遺跡」の発掘調査~冬の風景~
・諏訪の方言~おらほうのことば~(3)

■No.3(1990年10月15日)  PDFはこちらからご覧ください。

・「尖石遺跡発掘特別展」開催
・亜高山帯の植物~ふるさと講座「八ヶ岳の植物観察会」より~
・発明工夫展開催
・動く道具のカラクリ~民俗資料収蔵品展開催~
・開館10周年記念企画展「蓼科の洋画家展(1)」から
・守矢家の資料を後世に 史料館建設はじまる
・諏訪の方言~おらほうのことば~(2)

■No.2(1990年2月28日)  PDFはこちらからご覧ください。

・「縄文のビーナス」国の重要文化財に
・特別史跡「尖石遺跡」と尖石考古館
・ふるさと講座「探鳥会」
・企画展「民俗資料収蔵品展」
・矢崎虎夫先生を偲んで~矢崎虎夫遺作展から~
・諏訪の方言~おらほうのことば~(1)

■創刊号(1989年10月25日)  PDFはこちらからご覧ください。

・開館のごあいさつ
・博物館展示概要

 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 八ヶ岳総合博物館
〒391-0213
茅野市豊平6983
電話番号:0266-73-0300 FAX番号:0266-72-6119
メールアドレス:y.hakubutsukan(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。

ページの先頭へ