このページの本文へ移動

トップページ 産業・ビジネス コワーキングスペースを開設します!

トップページ 公共施設のご案内 コワーキングスペースを開設します!

コワーキングスペースを開設します!

2017年12月18日更新

茅野駅直結 徒歩1分、ベルビア2階に、2018年3月コワーキングスペースがオープン予定です!

 

  Facebookページ開設しました!!! 

 https://www.facebook.com/worklabyatsugatake/

12月2日に開催したプレイベントの様子もご覧いただけます。

 

開設場所

茅野市ちの3502番地1 ベルビア2階 茅野市区分所有区画584.07平方メートル

ベルビア外観写真及びベルビア2階平面図に計画地を示す

※電脳ひろばBELEC(ベレック)は、平成29年11月末をもって営業終了となりました(プリント工房、オープンステージ、パソコン教室を含みます)。催事場(市民スペース)の貸出は、平成29年12月末までとなります。

基本コンセプト

『働く実験室』

学生・企業・地域住民・別荘利用者など市内外の様々な人々が、豊かなワークライフの実現を目指し、様々な取組を試すことができる場所。
例えば、学生が将来の仕事を、地元企業が事業の継続発展を、地域住民がビジネスを通した課題解決を、都市部企業が"新しい働き方"を、創造的に実践できる場所です。

愛称

ワークラボ八ヶ岳(WORK LAB YATSUGATAKE)

施設内容

・オフィススペース
 貸しオフィス
・ワークスペース
 デスクシェア/ブース
・会議室スペース
 会議室/キッチン
・フリースペース
 フリーラウンジ/イベントスペース

施設内容詳細

施設レイアウト、施設イメージ、利用料金、今後のスケジュール等は、施設概要(1MB)(PDF文書)をご覧ください。

開設の背景

現在、全国各地で人口減少の解決に向けた様々な取り組みが検討・実施されています。
茅野市においても、将来的に就業人口の減少や事業者の後継者不足等が懸念され、産業を維持する基盤の弱体化が想定されます。このような中で、持続可能なまちを目指して保有する地域資源や強みを生かした茅野市ならではの対応策を講じる必要性から、平成27年10月茅野市地域創生総合戦略(4MB)(PDF文書)を策定しました。
その中で、主に都市部居住者等の二地域居住・定住の促進や平成30年に公立化を控える諏訪東京理科大学の学生を始めとした若者の地元定着を促進するとともに、市内での起業・創業・就業を支援し、地域経済の活性化に寄与するための施設としてコワーキングスペースの整備が盛り込まれました。

基本構想

 コワーキングスペースに求められる機能等を把握するため、平成27年度に都市部と地元の双方で想定される施設利用者のニーズ等の基本調査を行い、平成28年3月「茅野市コワーキングスペース等整備基本構想」(30MB)(PDF文書)を策定しました。

基本計画

 基本構想で描いた機能のカテゴリー「フェーズ1」を推進するため、「体制づくり」として本事業への参画が見込まれる企業や団体等へのヒアリング、また、「活動づくり」として市内公共施設へのヒアリングを行い、その結果を反映して施設の管理運営に必要な事項を明らかにするため、平成29年7月「茅野市コワーキングスペース基本計画」(1MB)(PDF文書)を策定しました。

地図情報



このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業経済部 商工課 工業・産業振興係
〒391-8501
茅野市塚原二丁目6番1号
電話番号:0266-72-2101(内線432・433・434) FAX番号:0266-72-4255
メールアドレス:shoko(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。

ページの先頭へ