このページの本文へ移動

市内その他の会場で開催するイベントなど

2017年8月8日登録

 市民活動展 

8月26日(土曜日)~10月26日(木曜日)

【場所】茅野市図書館


茅野市尖石縄文考古館で活動されている市民サークルの皆さんが制作された土器やあんぎん作品などをロビー展示します。
また、図書館で借りられる縄文関連図書のご紹介をします。

茅野市図書館ホームページはこちら。
 

土器づくりの様子 

 Chino縄文遺跡コンサート&トーク2017
~国宝「仮面の女神」が出土した中ッ原遺跡から~

9月2日(土曜日) 午後7時~


【場所】中ッ原縄文公園
【出演】葦木啓夏、ハーラウレレコアエ、尖石縄文考古館学芸員ほか 
少雨決行。野外開催のため雨具、虫よけ等のご用意をお願いします。


縄文文化の価値を見つめ直すコンサート&トーク。
秋の夜長、闇夜に浮かび上がる復元木柱列に囲まれながら音楽と語りで過ごすひととき。
縄文と現代のはざまで、未来への思いを馳せてみませんか?

 葦木啓夏さん

 

プラネタリウム

茅野市八ヶ岳総合博物館で毎月テーマを変えて開催しているプラネタリウム。
9、10月は縄文をテーマとして土日祝日に開催します。
 
  1. 午前10時30分~11時45分
  2. 午後1時30分~2時15分

【場所】茅野市八ヶ岳総合博物館
    通常入館料が必要です。


プラネタリウムの詳細はこちら。

プラネタリウムイメージ

 

竪穴式茶室「低過庵」

  • 制作ワークショップ 7月23日(日曜日)~8月27日(日曜日)
    茅野市民館東広場、茅野市宮川高部(要申し込み)
  • 低過庵オープン&見学会 9月17日(日曜日) 
    茅野市宮川高部
     

世界的な注目を集める建築史家・建築家の藤森照信氏の茶室シリーズ、待望の新作が公開されます!
夏に茅野市民館東広場で制作後、茅野市高部に移設・公開されます。 
 

竪穴式茶室「低過庵」の詳細はこちら。(別ウィンドウで開きます。)

 「藤森照信≪高過庵と低過庵≫2005年茅野市美術館蔵」
「藤森照信≪高過庵と低過庵≫
2005年茅野市美術館蔵」

 

きのこ食中毒防止展

9月30日(土曜日)・10月1日(日曜日)  午前10時~午後4時

【場所】西友ちの横内店

入場無料・申し込み不要


縄文時代から現代まで、食材として重宝されてきた、きのこ。
食中毒にならによう、山のめぐみをおいしくいただくために、専門家による鑑別と展示いたします。
また、きのこ展にあわせて、30日午前12時~どんぐり味噌汁、1日は大好評のきのこ汁、創作縄文を先着でふるまいます。
 

【問い合わせ】諏訪食品衛生協会 電話0266-57-1205

 

まちの展

10月1日(日曜日)~10月22日(日曜日)

【場所】茅野駅周辺

駅周辺の意外な場所がギャラリーに!?
まち+アート=∞(無限大)!
場所はまだヒミツ…
おさんぽ気分でギャラリー巡り。茅野市の魅力を再発見しよう!

 

まちの展の詳細についてはこちら。(別ウィンドウが開きます)
 

JOMONフードスケープ(食風景)

10月8日(日曜日)、9日(月曜日・祝日)、15日(日曜日)、22(日曜日)

【場所】玉川荒神の古民家

コラボレーション企画 縄文のうつわ展
9月22日(金曜日)~10月2日(月曜日)

【場所】茅野市美術館 常設展示室

JOMONフードスケープの詳細はこちら。(別ウィンドウで開きます。)
縄文のうつわ展の詳細はこちら。(別ウィンドウで開きます。)
 

道しるべの土器ランプ (市内各所)

9月9日(土曜日)~10月22日(日曜日)

八ヶ岳山麓の縄文ファンが制作した土器ランプがいざなう、八ヶ岳JOMONライフフェスティバルをめぐる小さな旅!
あなたはいくつのランプに出会えるかな?

茅野駅前東口の土偶オブジェ 

道しるべの土器ランプの詳細はこちら。(別ウィンドウが開きます)

 ~Harumachi~ 縄文カフェ

10月14日(土曜日) 午前10時30分~午後4時

【場所】茅野駅前ベルビア

毎年春の風物詩となっている「おいしいものたべよ!きれいになろ」の“はるまちカフェ”!
今年の秋は“縄文バージョン”として登場です。
どんな縄文スイーツが楽しめるかな?
ご期待ください。

 縄文カフェイラスト

JOMONライフフェスティバル開催記念フレーム切手シート

9月9日(土曜日)~10月22日(日曜日)
 

大切なあの人に…縄文切手で手紙を送りませんか?
本イベントの開催を記念して、各種イベント会場でフレーム切手シートを販売いたします。
ご来場の記念にぜひ!

販売:茅野市、富士見町、原村内の郵便局、縄文まつり会場ほか。
 

縄文支え合い広場 

9月9日(土曜日)~10月22日(日曜日)
 

縄文人と共に生きてきた様々な物や食材。
これらを現代風に蘇らせてみました。
例えば、柔らかい鹿の革はネクタイやブックカバー、小物入れに。
また、クルミや栗、どんぐり、エゴマなどは無添加クッキーに焼き上げました。
これらの製品は、障害者就労支援の施設で作られています。

販売:縄文まつり会場ほか。
 

縄文関連の製品 

縄文市場

縄文関連商品を集めた、縄文グッズ市場。
ライフフェスティバル期間中、随時開催します。(詳細は決まり次第お知らせします。) 

縄文市場のイメージ 

 公民館縄文講座 

  • 9月21日(木曜日)
    縄文を識る-「茅野市縄文ガイドブック」の活用方法

  • 9月28日(木曜日)
    科学がさぐる縄文

  • 10月12日(木曜日)
    棚畑の土偶 中ッ原の土偶

公民館講座の様子


各回午後7時から。

茅野市公民館ホームページはこちら。


八ヶ岳JOMONライフフェスティバルトップページへ戻る

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

 地域戦略課 縄文プロジェクト推進室
〒391-8501
茅野市塚原二丁目6番1号
電話番号:0266-72-2101(内線232・233) FAX番号:0266-82‐0234
メールアドレス:c.senryaku@city.chino.lg.jp