このページの本文へ移動

八ヶ岳総合博物館 団体でのご利用

2017年8月25日更新

申込み方法 

 ここから 団体利用申込書 ダウンロードができます。

ダウンロードした申込書に必要事項をご記入いただき、利用前月10日までにFAXでお申し込みください。
後日、博物館より電話にてご連絡をいたします。予約内容を確認し、受付完了となります。
 

利用料金や開館時間については、こちらをご覧ください。

見学できる展示については、こちらをご覧ください。

昼食スペースについて
滞在時間中に昼食をとられる場合の昼食スペースは、講堂(100名程度)、工作室(40名程度)、屋外などです。使用中の場合は利用できませんので、申込み時にご確認ください。

団体利用の詳細については、ダウンロードファイル「団体利用案内」をご覧ください。 

 

体験学習プログラム

来館時にご利用いただける様々な体験学習プログラムをご用意しています。必ず、事前の予約が必要です。なお、雨天のみ来館の場合にはご利用いただけませんので、ご了承ください。

イメージ画像です
【1】展示解説

「八ヶ岳の自然」や「昔の人々のくらし」、「坂本養川とせぎ」など学習内容にあわせて、当館職員が展示解説いたします。養川せぎは現地案内(滝之湯川取入れ口、乙女滝、渋川補水せぎなど)も可能です。

イメージ画像です
【2】はたおり体験

昔ながらの高機(たかばた)を使ったはたおり体験ができます。はたおり機を動かす体験をしたり、ランチョンマット(幅26cm×長さ30cm。材料費400円。所要時間60分程度)を織ることもできます。

イメージ画像です
【3】科学工作

やさしい科学工作を通じて科学のおもしろさや不思議を体験することができます。学年や時間にあわせてプログラムを選択することができます。市内学校への出前教室も可能です。1回に最大28名まで参加が可能です。科学工作プログラム一覧は、こちらをご覧ください。

イメージ画像です
【4】モバイルプラネタリウム(学習投影) 

モバイルプラネタリウムは、水~金曜日にご利用いただけます。学年・年齢、学習進度にあわせた内容を見学することが可能です。投影時間は約45分間、定員は約30名です。学習投影日カレンダー・プログラム一覧は、こちらをご覧ください。 

 

出前学習プログラム(市内のみ)

市内学校への出前教室を行っています。来館利用と同様に「団体利用申込書」でお申込みください。

【1】科学工作

博物館から講師がおもむき、やさしい科学工作を体験することができます。学年や時間にあわせてプログラムを選択することができます。科学工作プログラム一覧は、こちらをご覧ください。

【2】モバイルプラネタリウム(学習投影) 

水~金曜日にご利用いただけます。体育館などにドームを設置し行います。十分なスペース(天井高さ3メートル、直径5メートル)および電源用コンセント(家庭用:送風機・パソコンプロジェクターを使用します。)の確保をお願いします。屋外には設置できません。なお、設置には30分~1時間程度かかります。

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 八ヶ岳総合博物館
〒391-0213
茅野市豊平6983
電話番号:0266-73-0300 FAX番号:0266-72-6119
メールアドレス:y.hakubutsukan@city.chino.lg.jp

ページの先頭へ