このページの本文へ移動

トップページ 募集情報一覧 茅野市地域おこし協力隊員及び集落支援員の募集について

トップページ 行政情報 人事・職員採用 茅野市地域おこし協力隊員及び集落支援員の募集について

トップページ こんなときは 就職・退職 茅野市地域おこし協力隊員及び集落支援員の募集について

トップページ 産業・ビジネス 雇用・労働 茅野市地域おこし協力隊員及び集落支援員の募集について

トップページ くらし 仕事・産業・農林 仕事探し 茅野市地域おこし協力隊員及び集落支援員の募集について

茅野市地域おこし協力隊員及び集落支援員の募集について

2017年4月6日更新

茅野からCHINOへ!世界で認められる観光地域へ

「日本版DMO」のトップランナーへ

 新しい観光まちづくりプロジェクトが“茅野市”でスタート!
世界有数の観光地へ、若者が住みたいまちNo.1へ!
あなたの手でCHINOを盛り上げてください。

DMOに関して

 

 少子高齢化、それは日本では大きな社会問題であり解決に導かなければいけない大きな課題です。国として様々な取り組みを行っている中で解決の糸口がまだまだ見えていない状況。その中で注目されているのが『DMO』です。地域の「稼ぐ力」を引き出す。「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役で、企画、営業、マーケティングなど様々なスペシャリストが集まりチームを結成し、まちの活性化を支援していく法人です。まだ日本では本格的な成功事例のない『日本版DMO』ですが、“茅野市発”で観光地域づくりによる本格的な地方再生のモデルを創っていく。それが今回のプロジェクトの始まりです。
 
「日本版DMO

※詳しくは観光庁ホームページより

 背景

 

 茅野市から地方活性の成功モデルを創る

平成27年に観光庁が打ち出してから、まだ実際に本格的な成功事例がないDMO。茅野市が日本で先駆けて本格的な観光まちづくりプロジェクトをスタートします。『世界から選ばれる観光地域に、国内からも若者の移住定住先人気ナンバー1に!』をミッションとしています。茅野市には大きな可能性があります。日本で一般的な人口5万人程度の地方都市であり、茅野市での成功は大きな事例となるでしょう。日本全体がかかえる少子高齢化を観光まちづくりで解決しようとする挑戦が、茅野市からスタートします。今回の挑戦で結果を出すことは日本を元気にする牽引の役割を果たしていく事となります。

マップ

 茅野市の秘めたる可能性!

 

高原ならではの味覚高原野菜 国宝に選ばれる縄文遺産 地域の誇り御柱祭 神秘的な癒しの世界苔の森 標高2800メートルを超える八ヶ岳 日本有数の高原リゾート蓼科・白樺湖・車山

 

山岳リゾート地帯として年間300万人の顧客が訪れる茅野市

扇方に広がる千メートル級の暮らし、自然、文化、高地農業、最先端技術工業、八ヶ岳、蓼科、白樺湖、温泉などが茅野市の大きな魅力!1万軒を超える別荘があり国際空港、首都圏からも抜群のアクセスの良さがあるからこそ大きな可能性があります。「観光という産業」の発展をテコとして地域の農業や商工業、福祉教育にいたるまでの地域活性化をはかり、「暮らすような旅をしたい」というマーケットの要望に独自の価値を活かしたブランドやコンテンツで応え、ハワイ、バリ、プラハやバルセロナのように世界から選ばれる観光地方都市になることができる大きな可能性が茅野市にはあります。

 

ミッション

「観光まちづくり」移住先人気NO.1に!観光で訪れたいまちNO.1に!

DMOの活動によって、公民が円滑に連携していく。そして街の活性化に繋がっていく。

旅行業、宿泊業、ガイド業、物産販売などを自分たちで経営し、独自の事業収入を持つ自立型のまちになっていく。『地域活性』『まちづくり』を支援する充足感を味わっていきませんか?ボランティア活動ではなく、DMOというプロジェクトが日本の未来を創っていきます。あなたの能力を様々な形で活かし、これから日本の当たり前を創る先駆者として誇れる経験を得ることが可能です。

DMOメンバーとして求める人材 

様々な経験・能力を活かして活躍していただけます。

DMOプロジェクトを成功の導く有志たち~

それぞれが、自らの強みを活かして、一つの目標に向かっていく。

“日本一の観光都市”を実現するための「経験・能力」を求めています。

 

≪求める経験・能力≫ 

・旅行商品の企画立案、営業のキャリアや実績

・旅行業務取扱管理者の資格

・自然学校などでの自然体験活動

・地域資源を活用した体験プログラムの企画立案

・顧客の管理や商品販売などに関するITの知見

募集要項

【応募条件・待遇・応募方法等】

≪平成29年10月採用について≫

・詳しくは、こちらのページをご確認ください。

 

【住居】

・市営住宅をご用意します。

・詳しくは、こちらのページをご確認ください。 

 

【説明会】

・詳しくは、こちらのページをご確認ください。

 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業経済部 観光まちづくり推進室 観光交流係
〒391-8501
茅野市塚原二丁目6番1号
電話番号:0266-72-2101(内線452・453・454・455) FAX番号:0266-78-7310
メールアドレス:kanmachi@city.chino.lg.jp

ページの先頭へ