このページの本文へ移動

尖石縄文考古館がメディアに取り上げられます!

2017年4月24日登録

謎の国、諏訪の国


尖石縄文考古館や国宝「土偶」(縄文のビーナス、仮面の女神)等が紹介されるテレビ番組や書籍等のご案内のページです。興味のある方、ぜひともご覧ください。


テレビ番組

平成28年度(2016年度)放送のテレビ番組

  • 「The Craftsman 中田英寿が出会う職人達 長野編」
    【BS-TBS 10月30日(日曜日)午後7時~8時54分】
    BS-TBSの番組紹介ページ
  • NHKスペシャル古代史ミステリー 「御柱」 最後の縄文王国の謎
    【NHK総合、6月26日(日曜日)午後9時~9時49分】
    【再放送 NHK総合、7月16日(土曜日)午前0時10分~0時59分】
    NHKの番組公式ホームページ

書籍・雑誌

取り上げていただいた書籍のうち、考古学関係以外のものをご紹介します。

考える人

  • 「考える人」最終号(2017年)
    池澤夏樹氏の連載「科学する心」で、「世界遺産 ラスコー展」に関係して、ホモサピエンスの先史芸術の紹介のなかで、国宝「土偶」(縄文のビーナス)が取り上げられています。

「和楽」

  • 「和楽」第17巻1号(2017年)
    国宝特集のなかで、日本と世界の逸品を取り上げた記事があります。そこで「縄文のビーナス」が登場します。
  • 「和楽」第17巻2号(2017年)
    さまざまな茶器をさまざまな美術品と比べてみるという記事のなかで、「縄文のビーナス」が取り上げられています。
     
  • 「今日も異界へピクニック」(ワクサカソウヘイ・堀道広、『Discover Japan』2016年6月号所収)  
  • 「八ヶ岳デイズvol.11 芸術と八ヶ岳」(芸文社、2016年刊)
    「岡本太郎も宮崎駿も。縄文文化と芸術」に当館の展示品が紹介されています。
  • 「信州さんぽ 散歩の達人ムック」(交通新聞社、2016年刊)
    諏訪エリアで当館が紹介されています。

八ヶ岳デイズと信州さんぽ

 

関連情報

地図情報


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 尖石縄文考古館
〒391-0213
茅野市豊平4734-132
電話番号:0266-76-2270 FAX番号:0266-76-2700
メールアドレス:togariishi.m@city.chino.lg.jp