このページの本文へ移動

中ッ原縄文公園

2017年12月5日更新

中ッ原縄文公園を閉鎖しました

中ッ原縄文公園には、国宝土偶「仮面の女神」の出土状態のジオラマが公開されているほか、8本柱の方形柱穴列が復元されています。また、住居跡などが発掘した位置に表示されています。

ジオラマおよび屋外トイレを、凍結防止のため閉鎖しました。開放は4月上旬を予定しています。

「土偶」(仮面の女神)の出土した中ッ原遺跡は公園として整備されています。

公園内には仮面の女神の出土状況のジオラマが展示されている他、柱やお墓の復元、住居址を復元した地面など、発掘の成果を間近で見ることができます。

公園には駐車場・トイレも完備されていますので、是非お立ち寄りください。

ジオラマ展示 

仮面の女神は平成12年8月に中ッ原遺跡から発見さました。

 地面に描かれた円環状に並んだ黒い丸は、発掘された縄文時代の竪穴住居の柱の穴の跡を再現したものです。(写真下方)
ジオラマ展示の横に建つ柱は、発掘調査で見つかった柱穴列(柱を建てたと思われる穴の列)に木柱を再現したものです。

 中ッ原縄文公園


 中ッ原遺跡の土偶が出土した位置

地図情報



このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 文化財係
〒391-0213
茅野市豊平4734-132
電話番号:0266-76-2386 FAX番号:0266-76-2700
メールアドレス:bunkazai(アット)city.chino.lg.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信してください。

ページの先頭へ