このページの本文へ移動

市民研究員養成講座(第2期)

2017年8月25日更新

市民研究員養成講座、イメージ画像です。

八ヶ岳総合博物館では下記の通り、市民研究員養成講座(第2期)を開講しています。

市民研究員とは?

八ヶ岳山麓および諏訪地域のいろいろな自然分野についての学習、および科学教育振興に携わり、博物館を支え高めてくださる市民の養成を目的にしています。
「市民研究員養成講座 第2期」では、以下の5グループについてフィールドワークや科学工作などの実践的な活動を通じて学習を深めます。

植物グループ 博物館周辺および八ヶ岳山麓の植生や分布等について観察調査しながら、植物について学びます。
シダグループ 身近なシダについての同定力を深め、地域のシダの分布を調べます。
・ きのこグループ キノコについての同定力を深め、地域のキノコ類の目録作成を目指します。 
天文グループ 宇宙について学習を深め、星空のガイドやモバイルプラネタリウムの解説ができる市民を目指します。
実験工作グループ 身近な素材を使って楽しい科学工作のメニューを開発し、それらを子どもたちに体験させる活動を通じて、理論と実践に強い「実験名人」を目指します。
 
キノコグループ活動の様子、イメージ画像です。 活動の様子、イメージ画像です。 活動の様子、イメージ画像です。
(お断り) 陸水グループ及び野鳥グループは講師の都合により、当分の間活動を休止します。
 
参加資格
高校生以上であれば、年齢・性別、研究活動の有無などを問わず、誰でも参加できます。
また、茅野市及び諏訪6市町村在住又は在学であることも問いません。
 
市民研究員の認定
原則、所属したグループへの活動参加が年間8回、3年間で24回以上に達すると「市民研究員認定証」が授与されます。
 
市民研究員に認定されると
・ 次年度以降の活動に積極的に参加して指導者のサポートをしながら、学習を進めていただきます。
・ 自然観察会や出前実験の講師として博物館活動に協力いただくことがあります。
・ 報告書やガイドブックの刊行に協力いただきます。
・ 新たな学習活動・研究活動を提案し、推進することができます。
 
参加費等
各研究活動における参加費は無料ですが、現地への交通費は負担していただきます。
 
活動の詳細・日程等
市民研究員養成講座に申し込まれると、各グループの年間活動予定と『市民研究員通信』をお送りいたします。
 
申し込み
下記のダウンロードファイル、『第2期 市民研究員申し込みカード』に必要事項を記入し、メール添付又はファックス、
若しくは八ヶ岳総合博物館の窓口にご持参ください。当博物館で直接申し込むこともできます。
年度途中からの申し込みも可能です。
お問合わせ → Eメール y.hakubutsukan@city.chino.lg.jp   FAX 0266-72-6119

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課 八ヶ岳総合博物館
〒391-0213
茅野市豊平6983
電話番号:0266-73-0300 FAX番号:0266-72-6119
メールアドレス:y.hakubutsukan@city.chino.lg.jp

ページの先頭へ